薬の用法は服用するタイミングが最も大切なのです

食前・食後の服用するタイミングが大事

薬という物は、正しく使わなければ十分な効果を得ることができません。

薬の用法というのは、服用するタイミングなどが薬の種類によって変わります。 一般的には食前、食後という薬が多いのですが、その他に食間や食直、就寝前に服用、一日朝・昼・夕服用や時間指定、頓服薬というような種類があるのです。

食前食後は、名前の通り食事の前後30分以内に服用するというのが目安です。 こう言った薬は、消化器官の活動を活発にする目的だったり、食事をした後で薬を服用するという事で胃への負担を下げるという目的があります。

そして、食間については勘違いされやすいのですが、”食事の間に食べる”のではなく”食事と食事の間”、つまりは胃が空っぽの状態で服用し吸収を早めるという事が、目的にされている物なのです。

他にもあまり数は少ないのですが、食直というのは食事の直後に服用する物で、コチラは胃が弱まっている状態でも、刺激を弱めて薬を服用することができるというようなタイプのものもあります。

これらは、薬の成分に則って決められた物なので、それを破った使い方だけは、決してしないように気をつけて服用することが最も大切なのです。

薬について知っておいたほうがいい事

まずは薬の用法についてお話をします。

食前
食事をする30分くらい前に服用するというものです。 消化器系の器官の活動を活発にさせることを目的としている薬や血糖値のコントロールをするための薬が食前に服用される場合が多いです。
食後
食後というのは食事をして30分以内に服用するという事です。 大体の薬は、食後のタイミングで服用します。 食事をして30分以内であれば、薬の服用を忘れてしまうということも防ぎやすくなりますし、胃にある食べ物によって薬の成分から刺激を守ってくれるのです。
食間
食間というのは、食事をして2時間以内に服用するということです。 食事をして2時間経てば、胃腸に口にしたものがほぼ残っていない状態になってますから、薬の試江分が吸収されやすく、効果が現れやすくなります。
食直
食事をした直後に服用するという意味となっています。 胃が弱っている人の場合や、刺激の強い成分が使われている場合、食直で服用するように指示されることがあります。
就寝前に服用
いつも寝る時間の少し前に服用するということです。 睡眠導入剤や、途中で起きてしまうなどの症状を抑制させるための薬というのは、就寝前に服用することが多いです。
一日朝・昼・夕服用
その人の生活習慣によりますが、朝は必ず服用するようにして、日中に薬の成分が作用するようにしましょう。 その薬の作用などによって、朝に服用するのが重要である場合もあれば、夕方に服用するのが重要であることもあります。
時間指定
食事の前後に服用をするのではなく、決められた時間に服用するというものとなっています。 これは薬の血中濃度を維持するために時間指定されているという場合もありますし、体内の菌の抑制をするために時間指定されているという場合もあります。 ただ、仕事などで時間ピッタリに服用するということは難しいでしょうから、少しくらい服用するタイミングがずれてしまうくらいであれば大丈夫でしょう。
頓服薬
頓服薬として一番代表的なのは解熱剤でしょう。 頓服薬の解熱剤は、体温が38.5度以上になっている場合、体温を下げるために服用することになります。 なかなか熱が下がらないからと言って、短時間で連続して服用することは絶対にしないようにしてください。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。