薬の有効期限を迎えるのは目安に過ぎない

薬には使用期限がある

薬というのは、どんなものでも薬事法によって使用期限があります。 これは薬の成分などによって使用期限も異なっています。

また薬を開発した製薬会社でも独自に使用期限を設けているという場合もあります。 薬によってどれくらいの期間で使用期限を迎えるのかというのは違っているのですが、大体の場合は3年から5年くらいで使用期限を迎えることになります。

ただし使用期限というのはあくまでも目安に過ぎないということを理解しましょう。 保存箇所の湿度や温度などによって、薬が早く劣化をしてしまうということもあります。

薬によっても使用期限が違っていたり、劣化するスピードも異なっています。 薬によっては保存する条件が細かく指定されている場合もあります。

ドラッグストアで薬品を購入したのであれば、箱や説明書に書かれている諸注意を必ず確認するようにしてください。
医療機関で薬を処方してもらうのであれば、処方箋をしっかり確認したり、医師に取り扱い方について問い合わせるようにしましょう。

◎記載している使用期限をよく読んでご利用下さい⇒薬の使用期限と効果・影響

薬はどうやって身体に吸収されるのか

薬というのは、胃で分泌されている胃酸で、カプセルなどが解けて、中の成分が出てきます。 効率よくカプセルを溶かすために、一緒に水分も補給しましょう。

そして、胃で消化されたのちは、腸に移ります。 腸に移動するまでの時間が短いほうが、より薬の成分が吸収されやすくなります。
食べ物が胃の中に残っていると、食べ物によって薬の吸収が遅れやすくなるのですが、食べ物が胃の粘膜を保護して、薬による刺激を緩和してくれます。 そのため、処方箋の多くは食事をしてから服用するように指定されているわけです。

腸で薬の成分が吸収されたら、血液に乗って臓器に成分が移動します。 そして、問題のある臓器や器官で薬の作用が働くのです。

薬というのは、体からすれば異物ということになります。 体は薬の成分を有害と満たします。 そのため、肝臓によって薬の成分は分解されて、 尿と一緒に排泄をされることになります。

試用期間を守って使用・保存を行う

医薬品というのは確かに便利な物ではあるのですが、決して万能な物ではありませんし、永久に保存しておける事が出来るような物でもないのです。 当然、医薬品にも有効期限や使用期限が食べ物などと同じようにありますので、それを守って使わなくてはいけません。

本来薬の使用期限や有効期限という物は、薬の種類や成分によって違いますので長持ちする薬もあればあまり試用期間が持たないような薬というのもあるのです。

一般的には、医薬品の有効期限は3年から5年とされています。 しかし、これは絶対の基準というわけではなく、保存状態や保存環境によってはより早く劣化することもありますので、早く使うにしかないのです。

基本的にそう言った期間を越えて長く保存できるという事はなくても、劣化が早くなって使う事が出来る期間が短くなる事は、多いにあり得ます。 医薬品のCMなども言っているのですが薬は用法用量を守って正しくお使いください..というように医薬品の効果を正しく受けるためには何よりこう言った有効期限などもしっかりと守らなくてはいけないのです。

こう言った、薬の有効期限や保存方法というのはしっかりと中の説明書や箱などに記載されているので、医薬品を使用・保管する際は必ずこれを守るようにしてください。

また、医療機関で薬を処方してもらう場合は、こう言った説明書などがついて来ない事が多いので、必ず処方してもらう前に処方箋をしっかりと確認し、受け取りの際も念のために、必ず使用方法などを聞いて確認するようにしましょう。

試用期間を守らずに医薬品を使ってしまいますと、どうしても効果が十分に表れずに意味がないという事になってしまう事もありえます。

※コチラも参考にご覧下さい⇒薬の保管方法

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。