海外と日本では薬の名前が違っている相互作用

薬の飲み合わせについて

ニューキノロン系の薬にマグネシウムやアルミニウムが配合されている消化性潰瘍剤や制酸剤の同時摂取をしたり、鉄剤とテトラサイクリンの同時摂取をすると薬の成分によって相殺されてしまい、吸収されにくくなってしまいます。

薬の飲み合わせには注意をするようにして、少し時間をずらして服用するようにしなくてはなりません。

これ以外にも、アセナリンやトリルダンとクラリスロマイシンやエリスロマイシンを同時に服用すると、心臓に対して負担がかかってしまうケースだってあります。 さらにカピステンやナパノールとノルフロキサシンやエノキサシンを同時摂取をすると体が痙攣(けいれん)をしてしまうといった副作用が現れたという報告もあります。

このように、薬を処方してもらう場合には、必ず飲み合わせは大丈夫なのかを確認しておいたほうがいいでしょう。

また、海外に行く場合、特に発展途上国というのは、衛生面が悪いことが多いので、感染症にならないために抗生物質は必要だと思う人もいるでしょう。

確かに抗生物質は感染症対策にいいのですが、その菌によって適している抗生物質が違っています。 どんな国に行くのかを医師に報告して、どのような抗生物質が良いのかを相談しましょう。

なお、同じ成分が同じ量だけ使われている薬だとしても、海外と日本では薬の名前が違っているということも結構あります。
ですから、どうしても現地で薬を処方してもらわなくてはならなくなった場合は、医学学会などで使われている正式名称と含有量について調べるようにしたほうが、現地で薬を手似れやすくなるでしょう。

※コチラも参考にして下さい⇒注意したいお薬の飲み合わせ

間違えると悪影響を及ぼす副作用

薬というのは非常に便利な物で、病気や怪我を治すのに今や欠かせない物の一つになっています。 しかし、薬というのは便利なだけではなく使い方を間違えてしまうと恐ろしい事になってしまう事もあるので、無暗やたらに使えばいいという物ではないのです。

薬には、飲み合わせという物があり決して組み合わせてはいけない薬という物があるのでそれには気をつけましょう。

薬同士が相殺しあって、効果が少なくなってしまったりする程度の事ならばいいのですが薬同士の作用がより強くなってしまって悪影響を及ぼすなんてことになることもあります。

例えば、アセナリンやトリルダンのような医薬品とクラリスロマイシンやエリスロマイシンを同時に服用してしまったりすると悪影響どころか血圧などの関係で心臓に激しい負担をかけてしまう事もあり、最悪の場合は心筋梗塞や心臓発作を起こすこともあるんですね。

その他にも、カピステンやナパノールという薬とノルフロキサシンやエノキサシンのような薬を同時に服用したりすると体の痙攣があったりするような副作用も報告されているのです。

医師に薬を処方してもらったりするときは、基本的には薬の飲み合わせについて必ず注意をされますしそれを守っておけば基本的には問題ないかと思います。

しかし、昨今では医薬品をインターネットショッピングなどで手に入れることもできるような時代になって来ています。 個人的に薬を手に入れるのも簡単になって来ているので、薬の飲み合わせという物に対して正しい知識がないと、本来は受けるはずのない副作用を受けてしまうようなこともあり得ますので、予め十分に調べてから利用しましょう。

※コチラも参考にして下さい⇒薬の効果と副作用

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。