海外医薬品の食べ物・飲み物の組み合わせの密接な関係

薬と食べ物や飲み物について

薬というのは、食べ合わせのいい組み合わせは少ないですが気をつけないといけない組み合わせという物が沢山あります。

例に挙げるとするなら、グレープフルーツのジュースとジヒドロピリジン系の拮抗剤などを同時に摂取したことで血液中に通常よりも多くの薬の成分が吸収されてしまったようなこともあります。
このように普段口にしている食べ物や飲み物によって、薬の効果が通常以上に発揮されてしまったり、問題が生じてしまったりするということもあるのです。

ほかにも、牛乳とニューキノロンの抗菌剤、テトラサイクリンの抗生剤などの組み合わせは消化器官の吸収機能を弱めてしまうというような事もありますので、気をつけないといけない組み合わせの一つです。

子供にニューキノロンの抗菌剤や、テトラサイクリンの抗生剤を服用させるときには、牛乳と一緒に飲ませないようにしましょう。
牛乳に混ぜて飲ませる場合も、薬の効果が薄れてしまいやすくなりますし、成分がコップの底に沈殿してしまうということもあります。 その場合、砂糖水などを飲ませてあげましょう。

また、薬を服用する前後、または服用するときにアルコールで飲んでしまうと、薬の効果が予想以上に効いしまったり、反対に効果が薄くなってしまうという場合もあります。 アルコールは肝臓によって分解されているのですが、肝臓で作られている酵素と同じ成分だった場合、薬の効果が強くなりすぎてしまったり、効果が出てくれなくなることもあるのです。
なので、絶対に薬とアルコールを併用はしないようにしましょう。いい結果になる事はなくても悪い結果になる事は大いにあり得ることです。

そのほかにも、特に血圧を下げるような薬を服用する場合、一気に血圧に変化が現れてしまい、めまいなどの症状が起きたり、心臓に大きな負担がかかってしまったりすることもありますので特に要注意しなくてはいけません。

このように薬と食べ物や飲み物というのは、密接な関係を持っていて、体に大きな影響を与えることもあります。

食べ合わせのいい薬と食べ物の組み合わせについて

そもそも医薬品というのは、人間にとっては病気や怪我を治す時にも使える物として、非常に便利な物です。 しかし、使い方次第では逆効果な物もありますので気をつけなくてはいけません。

食べ物と薬、というのは非常に密接な関係で食前食後の関係や何で飲むかというようなことも大きく関係してきます。 特に、薬を飲む時は水やぬるま湯がいいとされていますが、白湯もいいとされています。

そして食べ物だと、消化に良いうどんなど柔らかい麺類お粥のような胃に負担のかかりにくいような物は、特に食べ合わせのいいものと言われています。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。