海外生活での外国で暮らす小児の薬

外国で暮らす時の子供の薬はどうする?

大人であれば、どうして薬を服用しなくてはならないのかも理解をしていますし、誰に介助してもらわなくても自分で服用できますよね。
ですが、乳幼児というのは、どうして薬を飲まなくてはならないのかが分かっていません。親の判断で、子供に薬を服用させるかどうかを判断しなくてはならないのです。
また、どうやって子供に薬を服用させるのかを考えるようにしなくてはなりません。

子供が薬を服用しなくては、効果も現れないのです。
そのためにも、薬の種類や量などについても考える必要があります。

まず薬剤の種類として、細粒剤や散剤、錠剤、カプセル、シロップなどといった色々な剤形があります。
なお錠剤タイプの薬は5歳から6歳以上でなくては服用することができません。
そして、カプセルタイプの薬は7歳以上にならなくては服用することはできません。

まだ、子供というのは食道が小さいですから、無理にカプセルタイプの薬などを服用させてしまうと、喉に詰まってしまうことだってあるのです。

また、子供の体質などによっては、シロップ以外にも、散剤でも服用することができる場合もあります。
子どもに合わせて、どのタイプの薬を服用させるのが良いのかを考えるようにしたほうがいでしょう。

これ以外にも、痙攣(けいれん)止めや解熱剤として坐薬もあるのですが、子供がある程度成長してくると、子供が座薬をするのを嫌がったりするということもあります。

次に服用させる薬の量についてですが、薬の量は、体重や年齢、体表面積によって異なっています
ですから、薬を服用させる前に、自分の子供に適切な服用量はどれくらいなのかを必ず確認をして、適切量を服用させるようにしましょう。
適当に服用させてしまうと、過剰摂取になってしまって、副作用が強く現れることもありますから注意をしてください。

海外の製造過程や販売基準について

海外薬の事をよく知ろう


最近では、日本もグローバル化して来た事によってどんどん海外進出をすることが多くなってきました。 仕事の関係で、海外出張をしたりすることもできるようになったことで、子供の時に海外を訪れるケースも徐々に起るようになりました。

しかし、海外生活で気になるのはやはり医療関係のことではないでしょうか。

海外の薬は、日本の薬に比べると非常に値段が安くしかも手に入れやすいというようなメリットがあるのですが、やはり日本の医薬品に比べると効き目が強すぎるという場合もあるのです。

特に、子供には刺激が強いことも多いので注意が必要です。

日本と海外の薬の違い


日本と海外では、薬の製造過程こそ同じなのですが薬の販売可能基準という物が大きく違うのです。

そのような事もあり海外では、処方可能で普通に売りだされているような医薬品であっても、日本国内での販売は禁止されているような医薬品もあるのです。

また海外の薬は日本に比べると規制が緩いという事もあって、やや効き目も強いのですが副作用も強めの薬も多いので、子供にはなるだけ使わない方がいいでしょう。 それに海外で暮らす時は、日本で予め医薬品を購入して向こうで常備薬のように使用するといいでしょう。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。