海外に持参する子どもの医薬品服用

子ども用の薬を海外に持っていく場合

赤ちゃんや幼児というのは、免疫力が低いですから、体調が崩れてしまって病院に行かなくてはならないということも多いです。

そのため、海外赴任をすることになった場合、いつも通っている病院に海外へ行くことになったことを報告し、常備薬として子供が服用することが多い薬を処方してもらうというケースも多くなってきています。

赤ちゃんの場合は、かぶれ防止の外用薬、乳幼児のための胃腸の薬や風邪薬などを1週間分ほど処方してもらって海外に行くという人が多いです。

基本的に医薬品というのは、1年は服用することができるようになっているのですが、保存環境や使われている成分によっては、賞味期限が短くなるということもあります。

処方された薬の保存環境などについてもしっかりと聞くようにしたほうがいいでしょう。

また、最近は海外赴任をする人が多くなっていることから、海外にいてもファックスやメール、電話などで相談に応じてくれる病院もあります。

海外から相談をすることは可能なのかも確認をしておいたほうがいいでしょう。

ただし、直接患者である子供の様態を確認することはできないわけですから、指示をするとしても、どうしても限界があることは理解をしておかなくてはなりません。

中でも急性の病気になってしまった場合、一刻の猶予もないということだってあります。

基本的にはその国の病院などで治療をしてもらうようにしましょう。

なお、大人の場合と子供の場合は、服用する薬の量が違っていますし、子供でも体重や年齢によって服用する量が変わります。

大人の場合の薬の服用量と、子供の服用量は違っているということは忘れないようにしてください。

また、大人は服用することができても、子供はまだ服用するべきではない薬だってあります。

このように服用する前に、必ず医師に服用させてもいいものなのかを確認しておくべきでしょう。

大人に比べると免疫力が低い子供たち

薬には色んなものがありますが、子供は特に大人に比べると免疫力も低く病気になりやすかったり体調を崩しやすかったりします。
特に、親にとって子供の病気というのは心配な事です。海外旅行をする時は、子供の病気には気を使うと思います。

そういう時、念のためどういう薬を持っていくのかという事も非常に大事なことです。
常備薬をしっかりと用意しておくことで、海外で万が一病気になってしまっても安心です。

子供の薬を安心して購入するには、保存期間がしっかりと記されている事が大切です。
薬によっては保存環境や成分によって消費期限が短くなってしまう事もありますので、医薬品の保存が効くかどうかも予め調べておくといいでしょう。

そして、何より一番安心なのは子供用に服用することができる薬だと分かっている物を購入することですね。
子供と大人では、服用できる薬とそうでない薬があるので、それを医師に確認したり、或いはインターネットショッピングの詳細部分で確認しておくといいでしょう。

海外旅行を安心して楽しむためにも子供用の薬という物を予め購入しておくといいでしょうね。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。