糖尿病(現代病)に起因しているストレスやリスクもある

EDの原因にもなる糖尿病

糖尿病は高血圧と並んで、現代人の生活習慣に起因していて、知らない間に健康を蝕んでいくサイレントキラーとして身近でありながら恐ろしい病気として認知されています。

症状としても初期段階では気が付きにくいですが、進行すると視覚が奪われたり、先端の血管や神経がマヒして動かしにくくなったり壊死するなど、大変な状態を招くリスクも待ち構えているのです。

これらの生活習慣病はもちろんEDとも無縁ではありませんし、併発している患者さんも多いのではないでしょうか。 血管や神経が健康に機能していてこそ、男性器の勃起のメカニズムも働いているのですから、これらの機能を損なう現代病は一気にEDのリスクを高めます。

病気によるストレスや焦燥感、不安感によって勃起に必要なシグナルの伝達も、神経の過剰な刺激や疲労で疎外されやすいです。

糖尿病の原因には様々な要素がからんでいるので一筋縄ではいきませんし、これまでの生活を完全に改めるくらいでないと再発したり上手くいかないかもしれません。

糖尿病と男性機能の密接な関係

糖尿病は現代人にとって、生活習慣病に起因するポピュラーな病気の一種でありますが、血糖値の異常は全身の血管の健康を阻害しますので、侮ることはできません。

動脈硬化など血管の異常は、時に心筋梗塞や、脳血管疾患といった重大な病気につながる可能性もありますし、病院で検査や診断をしてもらうまで、または深刻な症状が現れるまで、自分では気が付きにくいという恐ろしさもあります。合併症を引き起こすと、治療も困難です。

EDにも様々な原因がありますが、糖尿病や動脈硬化による影響を少なからず受けているケースもあるのは明らかです。

心因性のEDだと診断される場合もありますが、万が一糖尿病が原因になっていないとも限らないので、男性機能の不振をきっかけに一度病院を受診してみることで、これらの病気の早期発見につなげられるかもしれません。

EDになった時にはこのように、男性機能ばかりではなく全身の健康を見直すいい機会にもなるのです。糖尿病に起因しているEDが判明したときには、病院での連携の元専門の治療が行われ、その治療に関しても豊富な実例があるので、ちゃんとした医療機関に任せていれば安心しながら大きく改善が見込めます。

糖尿病の種類と生活習慣による影響

糖尿病の治療はED改善への取り組みと同じように、地道で長期間の努力やつらさを覚悟していなければ、立ち向かえないでしょう。

糖尿病もEDも長く向き合っていくことを考えると大変つらいですが、そのまま放置していると特に糖尿病は様々な合併症を引き起こすリスクばかりが高まりますし、EDも自分の自身をじわじわと蝕んでいき、心の病気まで引き起こしかねない隠れた怖さがあるのです。

ここで、糖尿病の種類について少し学んでおきましょう。

糖尿病の発祥の原因は、1型と2型に大きく分けられ、細胞に異変が表れている状態のI型、そして生活習慣病からの影響が強い2型とに区別されます。

より私たちにとって身近なのは、ライフスタイル次第で老若男女問わず誰にでも発症するリスクがある2型糖尿病です。

2型糖尿病は、EDとも深い関係がありますので、日ごろから生活習慣を見直しつつ両方の予防に努めていきましょう。生活習慣からの影響はもちろん、年齢と共にそのリスクも上昇します。いつまでも元気にいられるように食事や運動習慣の改善を継続的に行ってください。

糖尿病の治療に早めに取り組もう

まだ若いのにEDを発症してしまったら、その背景には糖尿病が隠れているのかもしれません。 糖尿病の区分のひとつである1型糖尿病では、十分にその可能性も考えられるのです。

糖尿病は血糖値のコントロールの抑制が利かなくなり、血管の健康を蝕んでいき、全身に悪影響を及ぼす疾病なので、もちろんEDにも関係が無いわけがありません。

「糖尿病とED治療を並行して行うのは可能なのか?」という疑問に思う方も多いと思います。これに関しては、適切な薬剤の選択によって十分に改善ができます

1型糖尿病以外にも、2型糖尿病も若年層のED発症との関連性が強くありますが、これは生活習慣を改善していけば十分に予防できるので、若さに任せて落ち着きのない生活を送っている人も、男性機能の不調に気づき次第早めに改めることをおすすめします。

糖尿病で血管が傷つけられると、脳から男性器への勃起を促すシグナルの伝達も阻害されやすくなります。
どちらも病院で内服薬のサポートも得ながら、焦らずじっくりと治療をしていきましょう。

糖尿病の神経機能障害や各疾患について

正常な男性機能の働きのためには、神経機能が問題なく機能している必要があり、脳からの神経信号がしっかりと伝達されるように全身の神経が損なわれていない状態でなければなりません。

勃起障害では、この性的刺激の伝達のプロセスが何らかの器質的原因や疾病、ストレスなどで損なわれたり一時的に正常の機能していないと推測できますが、この原因として糖尿病が絡んでいるケースも少なくないでしょう。 糖尿病は潜在的に何百万人と患者数が存在していると言われ、それに伴ってEDを併発している患者さんも多いと思われます。

バイアグラでも、ED治療だけではなく糖尿病に起因する神経の異常を緩和させる作用を持っているので、調子が出ないときには医師の指示を守りつつ服用するのがおすすめです。 内服薬以外にも、直接患部に注射をしてみると、さらに確実な効果が得られるでしょう。

糖尿病による傷害の中には、腎臓機能の低下も挙げられますが、この疾病もそこからさらにさまざまな疾患へとつながりやすいので、早急な治療が求められます。

重篤な状態を引き起こしやすいので、並行してED治療をする場合は慎重に行う必要があります。この場合、いつもより服用量を少なめにしたり、効き目の強さに応じていつも飲んでいるED治療薬とは異なったものを選択する必要に迫られるときもあります。
人工透析の有無によっても、ED治療の方針の変更に影響するかと思います。

※コチラも参考にご覧下さい⇒糖尿病ってどんな病気? 厚生労働省ホームページ

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。