正規のジェネリック医薬品を安く購入する

世界中のジェネリック医薬品について

最近では、色んな薬のジェネリック医薬品という物が出来上がっており世の中に出回って来ています。 ジェネリック医薬品というのは、正規医薬品を同じ基準を持って制作した後発医薬品のことです。

基本的には、ジェネリック医薬品は効果は正規品と同じですが国外で作られており、正規品よりも安く購入することができる事がメリットとして知られています。 これは、正規医薬品の特許の権利切れの後、別の会社でも作ることが許可されるため、その時初めてできる薬となります。

今では、性病の治療薬品・ダイエットサプリ・更年期障害の薬から勃起不全の治療薬までジェネリック医薬品が出回り、色んな薬が手に入りやすくなっています。

基本的に、ジェネリック医薬品というのは正規医薬品と同じ基準で作られる事が規定とされていますので、正規品よりもずっと値段が安い物なのですが効果は同じ物とされています。インターネットを通し、世界中のジェネリック医薬品に選択肢を広げて薬を選ぶことで、より安くで治療薬を手に入れることができるようになる、という事になります。

ジェネリック医薬品の開発や歴史、信頼性について


ジェネリック医薬品とは、正規の医薬品の特許が切れた事によって、その医薬品を他の製薬会社が製造し供給する医薬品のことです。同じ成分なので、効果も同じで、もちろん安全性と信頼性も正規医薬品と同じだと言っても差支えはないでしょう。

ただ、ジェネリック医薬品を開発するには正規品の特許が切れないといけないので、開発されたばかりの新薬においては、ジェネリック医薬品を開発することはできないため、特許が切れるのを待ってからしか供給されません。

しかし、ジェネリック医薬品に関しては、実は違うパターンもあり、例えばインドの国内法だと特許が認められていないような薬もあり、その場合ジェネリック医薬品として同じような成分を持ったまま開発する事が可能になります。 つまり、特許が切れる前でも、特許が認められていない国ではジェネリック医薬品が開発されており、現在ではインターネットを利用した個人輸入をしたりすることによって本来特許が認められている国でも手に入れ使用することができるようになっているのです。

なので、どうしても安いジェネリック医薬品を手に入れたい場合はインターネットを利用するのが一番ではないかと思います。

ジェネリック医薬品の種類

現在、世界中には様々なジェネリック医薬品が出回っています。

ジェネリック医薬品には多数の種類があり、正規の医薬品の特許切れの後に別の製薬会社などが製造したりすることで生まれるような物から特許の認められていない国での独自開発によって製造されたジェネリック医薬品、という物があります。

ジェネリック医薬品は、色んな種類の医薬品にあり風邪薬のような病気を治療する物から抗菌剤や拮抗剤、サプリメントや精力剤、或いは勃起不全を治療するための医薬品にも適用されており、殆どの医薬品にはジェネリック医薬品が出来上がっているろ言えます。つまり、インターネットなどを利用することで正規の医薬品を購入するよりもずっと安い費用で薬を手に入れることができるようになっています。

ジェネリック医薬品、というのは基本的には効果は正規品の物と同じなのですが、違う名称で販売されています。

たとえば、ジェネリック医薬品の中でも特によく購入されている物の一つに勃起不全の治療薬があります。 勃起不全の治療薬、というのは値段も高く保険外適用なので、保険で負担してもらえないという事でより費用がかかることになります。
しかし、ジェネリック医薬品ならば正規品よりもずっと値段が安く、インターネットショッピングなどを利用する事で簡単に手に入れることができます。使用する人にとっては非常にありがたいことです。

ただ、購入するときに気をつけなくてはいけないのが、名称が違うので予め自分でどの薬の医薬品なのかを調べておかなくてはいけない、という事です。
たとえば、医薬品の正規品の薬品名はレビトラやシアリスという名前なのですが、ジェネリック医薬品としてはバリフやタダリスという名前で売られています。

なので、ジェネリック医薬品を購入する時はあらかじめ正規品が医薬品ならば一体どういう名前で売っているのかを自分で調べておけば後で購入する時にも便利だという事です。

ジェネリック医薬品の特徴

先に述べたように、ジェネリック医薬品というのは、いわば後発医薬品の事であり、すでに特許の切れた正規の医薬品と同じ成分や同じ効果を持った物です。 ちなみに正規品と違うのは、基本的には製造している製薬会社だけで、効果や成分などは同じなので安心して使う事が出来ます。

また、ジェネリック医薬品のもう一つの特徴として、特許などが認められていないような、いわゆる薬品開発途上国などで製造されている事が多いです。 このような国で製造されたジェネリック医薬品の場合、欧米などではまだ正規医薬品の特許が切れていないままの事が多く、発売されているのがその製造されている国内だけ、という場合が多いです。

当然、特許の切れていない国で勝手に別の国で製造された後発医薬品を販売なんかしたら違法になります。外国のジェネリック医薬品を手に入れよう、という場合はまずは何より外国から直接取り寄せないといけません。 しかし、外国から取り寄せると、検閲や面倒な手続きをしないといけないのではないか、と思う人もいるかもしれません。

確かに、個人的に自分で輸入手続きをしようとしたりするとどうしてもお金がかかってしまいます。また、手続きの手間もかかってしまったり、折角の安く手に入れることができるというメリットを活かせないというような問題がついて回ります。

しかし、現在ではインターネットのサイトなどで個人輸入代行というようなサービスがあって、それを利用することでより安くしかもより簡単に手に入れることができるようになっています。 しかも、ジェネリック医薬品というのは日本の国内で発売している物ではないことが多いので、処方箋を使わずに購入する事が出来るというのも一つの特徴です。

インターネットを利用した個人輸入というのは、今は普通のネットショッピングを使うのと同じような感覚で代行サービス注文できるのです。

ジェネリック医薬品の必要性

日本で厚生労働省がジェネリック医薬品を認可し普及に乗り出し始めたのは、およそ2005年頃のことです。
昨今では、話題になりつつあり、一般的にも段々と普及し始めたジェネリック医薬品ではあるのですが、その必要性という物が何なのかを知らない人は多いかと思います。

ジェネリックの必要性というのはまずは何より使用する客側の利益にです。
正規医薬品というのは、安全性は確かに高いのではありますが、製造可能なのは開発した製薬会社だけで、言ってみれば製薬会社が独占販売しているわけです。

独占販売しているわけですから、日本の医療に当然売値も製薬会社の思いのまま。利益を生むために値段も高めに設定している事が多いです。消費者の側からしたら、値段があがり、迷惑極まりない事です。。
しかし、その問題を解決してくれるのが海外製造のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品の値段というのは、先発医薬品に比べて2割から7割程度の値段で販売されており、その平均額は半額程度と非常にリーズナブルなのです。 日本の医療において、患者にとって特に薬代というのは馬鹿になりません。実際、日本の医療というのは特に大学病院のような大きなところなんかに行くと、やたらめったら沢山の薬を処方するのが特徴とも言えます。そうなってくると、ひとつひとつの薬の値段が高いと薬代もばかにならないはずです。

しかし、それを半分以下の負担にするというのは非常に患者にとってありがたい話です。 また、医療の開発後進国になってくるとジェネリック医薬品はある意味正規の薬以上に普及しており生活の助けになっているところもあります。

製造もできない、輸入すると高いとなるとジェネリック医薬品に頼らざるを得ない、それが必要性ということになります。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。