避妊ピル薬は女性ホルモンバランスの役割を活発にする

女性ホルモンの役割

妊娠を望まない場合避妊薬を服用すると99%の確率で避妊出来ると言われています。

妊娠とは女性の子宮内で卵子と精子が出会う事で受精卵を形成する事ですが、なぜ避妊薬を服用すると妊娠しないんだろう?と不思議に思った事はないですか?

避妊薬がなぜ効果があるのかについてはまず女性ホルモンの役割について説明したいと思います。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あり、卵胞が作られ排卵するまでの時期にはエストロゲンが分泌され、それ以外の時期にはプロゲステロンが分泌されます。つまり女性ホルモンが月経や妊娠をコントロールしているわけです。そして避妊薬は女性ホルモンと同じ働きをする物質が含まれているため人工的に排卵をストップさせて妊娠をしない身体にするために避妊の効果があるというわけです。

そのため同時に避妊の効果だけではなく女性ホルモンのバランスを整えてくれるので生理痛の痛みが緩和されたり、美容の効果があったり、女性ホルモンの不足が原因で起きる病気の予防の効果があったりするわけです。
もちろん女性ホルモンのバランスを崩さない日常生活を送る事がベストなのですが、ストレスや生活習慣などが原因で女性ホルモンのバランスが崩れて体調不良に陥った場合にも避妊薬を服用すると症状が改善されるかもしれません。

女性ホルモンの働きについて

女性ホルモンにはたくさんの種類があります。
代表的な女性ホルモンはエストロゲンやプロゲステロンが有名ですが、それ以外にもエストリオール、エストロン、プロゲストーゲン、プロラクチン・・・・などたくさんの女性ホルモンがそれぞれの役割を果たして女性らしい身体をキープしているのです。

女性ホルモンという名称通り、女性らしい身体を機能するための働きに作用する事が多いのですが、女性ホルモンの役割の幅は広く、例えばエストロゲンは子宮の働きを活発にし子供を生むための身体を維持する働きがあったり、乳線の働きを促す役割がある他に、血流の流れをよくしたり、脳の働きを活発にしたり、自律神経を安定させる役割があったりします。

つまり女性ホルモンとは女性らしい身体を作るだけではなく、生命活動を維持するために欠かせない役割を担っているというわけです。もちろんエストロゲン以外の女性ホルモンでも同様の事が言えます。

そのため女性ホルモンのバランスを整える事はとても大切な事で、妊活をしている女性だけが気を付ければいいというわけではなく、女性が健康的な生活を送るため、全ての女性が女性ホルモンのバランスについて気を付ける必要があります。

もちろん日常生活の中で規則正しい生活をし、栄養のバランスが取れた食生活や適度な運動、上手なストレスの発散などにより自然と女性ホルモンのバランスが取れていればそれが一番ですが、そう出来ない環境下にいる場合もありますよね。

そんな場合に女性ホルモンのバランスを整えるためにサプリメントや避妊薬を服用するというのも女性らしく健康的に生きるための防衛手段なのではないでしょうか?

生理は1週間ではない

女性は毎月1週間生理があって憂鬱だと思っている人も多いでしょう。生理=経血のある1週間と思いがちですが、女性の身体の中で生理とは1カ月サイクルで準備されています。だから生理の事を月経といいますよね。

経血がいきなり始まるのではなく、卵胞が育ち排卵し、子宮内膜が剥がれ落ちる一連の流れがあり、生理と女性ホルモンは深く関わっています。

思春期がくると出産の準備が整い生理がスタートします。同時期に思春期には女性ホルモンの分泌が始まり女性らしい身体になっていきます。そのため無理なダイエットやストレスで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと生理が遅れてしまったりするわけです。

そして女性ホルモンと一言でいっても、女性ホルモンは1種類ではなく卵胞ホルモンと黄体ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンがそれぞれの役割を果たしています。

そのため卵胞が排卵するまでの期間にはエストロゲンが分泌され排卵後から次の生理の期間中はプロゲステロンが体内では分泌されます。避妊薬はこの女性ホルモンに働きかける事で排卵を抑え妊娠しない身体にするというわけなのです。

なので避妊薬もセックスする日だけ排卵をストップするために服用すればいいというわけではなく、1ヶ月サイクルで毎日服用する必要があります。

ストレスによって体調が悪くなる理由

ストレスが原因で体調を崩してしまうという人がストレス社会の現代ではとても増えています。特に女性の身体にとってストレスは最大の敵です。

なぜか?というとストレスは女性ホルモンに大きな影響を与えるからです。

別に出産を望んでいないから女性ホルモンなんてどうでもいい・・・・とはなりませんよね。独身女性であっても、生涯出産する予定がなくても女性が健康的に生きるためには女性ホルモンは必要不可欠です。ストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと生理不順になってしまい、倦怠感を覚えて疲れやすくなったり、美容にも悪くそして精神的にも憂鬱になりかねません。

なぜストレスは女性ホルモンに大きな影響を与えるのか?というとストレスは脳にある視床下部に大きな影響を与えます。そして視床下部は女性ホルモンの分泌を促す場所でもあるので、司令塔が上手くいかなくなってしまうというわけです。

そのため心身ともに健康に生きるためにはストレスに対して耐性を持つ事も大切ですが、ストレスを感じない生活を送る事は難しいのでストレスを溜め込まないようにカラオケで熱唱する、ジョギングをする、甘いものを食べるなど自分なりのストレスの解消法を身に着けておきたいですね。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。