バイアグラの誕生裏話

バイアグラが認可された背景

バイアグラが認可された背景についてご紹介しましょう。

バイアグラは世界的に有名な医薬品のひとつです。勃起不全(ED)治療に効果があるからです。1998年1月に米国で発売されましたが、これがED治療薬の最初の医薬品です。

発売されてしばらくの間はEDにて悩む男性には夢の医薬品となったのです。

そのニュースは日本国内でも大々的に取り上げられました。そんなに効果があるならば自分も試したい――そのように思う日本人がいても不思議ではありません。

多くのED患者が個人輸入業者を介してバイアグラを手に入れました。ですが病院などで併用禁忌薬や注意点の説明を受けてはいません。用法や用量を守らずに服用することになったのです。

こういった人たちの体験談は口コミでどんどんと広がることになります。そして併用禁忌薬であるニトログリセリンなどの硝酸剤と併用してしまう事例が発生します。

重篤な副作用を発生する事故がおこるのです。その中には心肺停止状態になるケースも起こりました。健康被害が現実的なものになったのです。

日本政府は早急に異例の早さでバイアグラの製造販売を承認しました。そして積極的に安全対策を講じなければならなかったのです。

承認申請から6カ月で認可されました。米国の発売から1年経過した1999年1月に製造販売の承認をバイアグラは取得しました。そして、3月23日からは日本国内でも医療機関で処方薬として販売開始されました。

バイアグラ誕生の裏話

バイアグラは勃起不全に悩んでいる男性の心の支えです。今回はユニークなバイアグラ誕生の裏話を紹介しましょう。

製造元はファイザー株式会社です。
シルデナフィルと呼ばれる有効成分を使って、狭心症に対する治療薬の研究開発をしていました。

ですが、成果が得られないので第一相の臨床試験だけで治験の中止を決めました。協力してもらっていた治験者から予備の治験薬を返却するように求めました。

けれどもたくさんの人たちは返却するのを嫌がったのです。その理由を調査してみると、勃起をサポートする作用があることが判明しました。

こういったことで勃起不全を改善する効果が偶然にシルデナフィルから発見されたのです。ここに人類史上初めてのED治療薬が誕生することになります。

ではどうしてバイアグラという名前になったんでしょうか?

Viagraは造語です。
Vitalという生き生きとしたという意味とNiagaraというナイアガラの滝の二つの単語を合わせました。男性の精力というか生命力がナイアガラの滝の如く溢れ出るように満たされるという意味合いがあるということです。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。