性病名・症状について[男女共通]

男女共通の性病について

エイズ HIV (後天性免疫不全症候群)

性病で最も有名なエイズについて

性病の中でも最も有名な病気は、やはりエイズだと思います。
言葉だけならほとんどの人が知っているでしょうし、メディアでもよく取り上げられています。
ただ、エイズという言葉は知っていても、具体的にどんな病気なのか、詳しくは知らない人も多いと思います。

エイズというのは、正式名称は後天性免疫不全症候群と呼ばれており、主に性行為などで感染する性病なのです。
エイズに感染してしまうと、最悪の場合は死亡をしてしまう可能性もあるのです。
しかも、今の現代では治療法も確立されておらず、一度感染してしまうと治すことは不可能だと言われているのです。

また、感染経路は性行為だけに限らず、輸血であったり傷口が接触することで感染するケースもあるのです。
さらに、性行為の時でもコンドームを着用すれば絶対に防げるわけでもないので、常に感染するリスクは伴うのです。

そして、エイズは感染してもすぐに発症するわけではありません。
遅い人であれば、感染してから5年後や10年後ぐらいに症状が現れることもあるのです。

もしエイズに感染している場合、検査をすれば反応が出るのですが、感染して間もない期間だと反応がないこともあるのです。
そのため、性病検査というのは1回受ければそれでいいわけではなく、定期的に受けることが大事なのです。

赤痢アメーバ

赤痢アメーバに感染してしまうとどうなるのか

赤痢アメーバというのは、伝染病の1つであり、主に口から体内に侵入することで感染してしまうのです。
でも、一体どうして赤痢アメーバが侵入してしまうのでしょうか。

赤痢アメーバは、主に人の糞の中に寄生しており、そこから何らかの形で飲食物へと寄生すると、感染する可能性があるのです。
加熱である程度は消滅するのですが、もしも完全に消滅していなかった場合は、やはり感染してしまう可能性はあるのです。

そして、赤痢アメーバは食べ物を食べた時だけでなく、性行為によっても感染してしまう可能性はあるのです。
先ほども言いましたが、赤痢アメーバは糞の中に寄生しているので、アナル周辺部分にも病原菌が残っている可能性があるのです。

たとえアナルの部分をしっかりと洗っても、完全に除去できているとは限らないので、赤痢アメーバが残っている状態で、アナルを舐めたりすれば、当然感染してしまう可能性はあるわけです。
特に、男性同士の性行為で感染してしまう可能性が高く、同性愛者には大きな問題だと言えるでしょう。

赤痢アメーバに感染してしまうと、下痢であったり発熱を催したり、排便時に痛みを伴ったりするのです。
重度になると、肝臓に悪影響を与えたりするので、放置しておくとかなり危険な状態になりかねないのです。

赤痢アメーバに感染しても、発症するまでに数ヶ月から1年以上の期間を要する人も多いです。
そのため、早期で発見することが重要ではあるのですが、どうししても気づくまでの時間がかかってしまうケースも多いのです。

伝染性単核球症 (キス病)

伝染性単核球症の意外な感染経路

伝染性単核球症も、性病の一種ではあるのですが、他の性病と大きく異なるのが感染軽度です。
伝染性単核球症は、実はキスを通じて感染する可能性があるのです。
したがって、別名キス病とも言われているのです。

性病というのは、本来は性行為で感染するイメージがあると思いますが、実は口から口へと感染する可能性もあり得るのです。
唾液の中に原因となるウィルスが潜伏していると、口から口とへ感染してしまうのです。

しかも、一度感染すると一生涯に渡って潜伏することになるのです。
たとえ症状がほとんど出なかったとしても、感染している可能性は大いに考えられるのです。

もし感染した場合は、発熱や頭痛や食欲不振など、風邪に似たような症状が現れます。
そこから、今度はリンパ節が腫れるようになり、咽頭痛など症状が見られるようになります。
重度な症状になってしまうと、肝機能に様々な障害を与えてしまう可能性もあるのです。

したがって、できる限り早く検査をして治療をしてもらう必要があるのですが、初期の症状が風邪とよく似ているため、どうしても風邪だと思ってしまう人が多いのです。

ただ、伝染性単核球症の場合は、風邪とは違う何らかの症状を発することが大半ですから、普通の風邪とはないと思ったのであれば、すぐにでも病院で診てもらうようにしましょう。

少なくとも、4~5日経っても熱が下がらないようであれば、たとえ伝染性単核球症でなかったとしても、病院で診てもらった方がいいですから、それを目安にしておくといいでしょう。

軟性下疳

軟性下疳は感染する可能性は低い

ですが性感染症の1つに、軟性下疳というものが存在します。

主に性行為で感染する可能性があるのですが、実は日本では感染する可能性はかなり低いと言われています。

軟性下疳は、元々東南アジアやアフリカ大陸で多く見られるので、日本や欧米ではあまり見られない病気なのです。
最近ではアメリカでも感染が見られるようですが、いずれにしても滅多に日本で感染することはありません。

ただ、当然ですが上記のような海外国で性行為をしたことで、感染してしまう可能性は大いにあります。
また、現地に住んでいる場合だと、日本人同士であっても感染する可能性は十分にあるのです。

軟性下疳に感染すると、性器の部分にアザやコブのようなものができます。
かなり目立ちやすいですし、その部分を押しつぶすことで出血もするので、初期の段階である程度気づく人は多いのです。

そこからさらに進行すると、腫瘍ができるようになって、かなりの痛みを伴います。
ですから、この段階までくれば確実に気づくとは思いますが、できるだけ初期の段階で発見しておくことが望ましいです。

感染してから発症するまでの期間も短いですし、明らかに異常があると判断できるので、よほどのことがない限りは、発見が遅れてしまうことはないはずです。

ただ、希に上記のような初期症状が出ない人もいるので、その場合は注意が必要です。
もちろん、その場合でも何らかの異常は見られるでしょうから、少しでも違和感があれば検査をしてもらうことが大事です。

疥癬(かいせん)

ダニ刺されはすぐに検査してもらいましょう

全身に痒みが生じたり、足の指のような細かい場所が痒くなったりすると、ダニに刺された可能性が非常に高いです。
もちろん、必ずしもそうは限らないのですが、いずれにしてもダニというのはどこにでも潜んでいますし、いつ刺されてもおかしくないのです。

あまりに酷い場合はもちろんですが、そこまで酷い症状でなかったとしても、もしかしたら性病の可能性もありますから、いずれにしても検査してもらった方がいいかと思います。

もしダニ刺されが原因であれば、処方された薬を塗れば1週間程度で症状も収まります。
もちろん症状にもよるので一概には言えませんが、しっかりと治療をすれば早期に改善することができます。

さて、ダニに刺されたということは、当然ですが家の中にダニがいるということになります。
そうなれば、また症状が再発してしまう可能性もありますから、しっかりと家全体を掃除するようにしましょう。

掃除機をかけたり雑巾で拭いたりするだけだと、完全に退治するのは難しいので、専用の殺虫剤であったり、ダニ退治用の薬剤も使用するようにしましょう。
ただ、あまりに過剰に使用してしまうと、体に良くないですから、適量を守って使用するようにしましょう。

特に小さい子供がいるのであれば、ダニに対する免疫も低いわけですから、より一層ダニ対策というのは大事になってくるのです。
自分だけの問題ではなく家族の問題もあるわけですから、常に意識しておかなければなりません。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。