クラミジアは最も怖い病気なんです

なぜクラミジアが怖いのか

クラミジアは、性病の中でもかなり怖い病気だと言われています。
では、どうしてもクラミジアは怖いと言われているのでしょうか。

クラミジアが怖いと言われている最大の要因は、早期での発見が難しいからなのです。
クラミジアに関しても、早期で発見できればしっかりと治すことができるのですが、それが難しいからこそ怖い存在なのです。

クラミジアに感染しても、ほとんどの人がすぐには発症しないのです。
感染してから数年後に発症するケースもあり、その時に初めてクラミジアだと分かるケースも多いのです。

しかし、それだけ長い期間放置していれば、かなり症状も進行しているので、治すのが困難になってしまうのです。
場合によっては、すでに手遅れの状態になっている可能性も否めないのです。

早期で発見するためには、定期的に検査を受けることが必須だと言えます。
そして、少しでも異常を感じたりおかしと思った時は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。
もし違っていたとしても、全く恥ずかしことではありませんから、躊躇わずに検査してもらうべきなのです。

クラミジアはどんな症状を発症するのか

性病の1つであるクラミジアは、もし感染してしまった場合は、どのような症状を発症するのでしょうか。
男性と女性の場合で症状は違うのですが、基本的にどちらの場合でも、発症するまでの時間を要することが多いです。

クラミジアに感染すると、数週間から1ヶ月程度で何らかの症状を発症することが多いです。
痒みが生じたり、ちょっとした痛みを感じたり、小さな膿のようなものを見受けられたりするのです。

ただ、この段階だと症状もかなり軽いので、クラミジアだと気づかない人も多いのです。
特に、元々肌質が弱い人であれば、日常的に痒みや腫れが発症することが多いですから。

しかし、そのまま放置しておくと、どんどん症状が重くなっていき、明らかに普段では見られない痛みを感じたりするのです。
この段階で、初めてクラミジアだと気づく人も多いのですが、こうなると症状もかなり進行しており、治療をするのが難しくなってしまう可能性もあるのです。

クラミジアの症状が重度になってしまうと、肺炎や腎臓病などを引き起こしてしまったり、男性であれば前立腺、女性であれば卵巣などに大きな悪影響を与えてしまうのです。

ですから、とにかく少しでも早い段階で発見することが大事なので、少しでも違和感を感じたのであれば、すぐに病院で検査してもらうようにしましょう。
エイズなどの性病とは違い、薬でしっかりと完治させることができますから、早期で発見することが何よりも大事なのです。

クラミジアはどこからでも感染する可能性がある

クラミジアというのは、もちろん性行為で感染する可能性が最も高いのですが、それ以外からでも感染する可能性は大いに考えられるのです。

例えば、直接的に挿入をしなくても、性器と性器が合わされば、そこから感染する可能性もあります。
風俗でのヘルスプレイであったり、キスからでも感染する可能性はあるのです。

もっと言えば、クラミジアに感染した人が使用したタオルを、そのまま別の人が使用した場合でも、感染する可能性はゼロではないのです。

このように、様々な経路でクラミジアに感染する可能性はあるわけですが、だからと言って感染することだけを恐れていては、性行為はおろか風俗も利用できませんし、もっと言えば異性と触れ合うことすらできません。

そこまで過敏になる必要はありませんが、最低限性行為をする時にはコンドームを着用し、風俗などでも体をしっかりと洗ってからプレイするようにしましょう。

そして、性病検査をしてもらうことも大事なので、クラミジアをできる限り防ぐための努力はしましょう。

クラミジアは若者が感染しやすい

クラミジアは、もちろんどんな年代の人でも感染する可能性はあるのですが、やはり10代や20代の若者の感染率が非常に高いと言えます。
どうしても若い年代の人は、安易にセックスをしたり、快楽を優先的に求める傾向にあり、安全やリスク回避を軽視してしまいがちなのです。

もちろん、性教育がしっかりと行われていないという理由もあるのですが、いずれにしても若者はクラミジアだけに限らず、性病に関して意識が低いと言わざるを得ないのです。

それに、特に若い女性に関しては、性病検査にも抵抗を持っている人が多く、性病検査を受けないといけないと分かっていても、躊躇ってしまう人が多いのです。
その結果、性病を持っているにも関わらず、検査を受けずに放置してしまう人も多くなるのです。

若者のクラミジア感染率を低くするためには、もちろん若者一人一人が意識を変えていくことも大事ですが、そのためには我々大人がもっと性病の危険性を教えたり、性教育でもある程度はオープンになって教育することが必要になるのです。

今は性病を治療する薬も充実してきました

昔は、性病というのは不治の病でもありました。
一度でも感染してしまうと、一生涯性病に悩まされ続けることになり、もちろん性病によって命を落としてしまった人もたくさんいました。

今でも、性病が怖い病気であることには変わりありません。
ただ、近年では医学の発達もあって、性病の効果のある薬も多く開発されるようになったのです。
性病の種類や症状にもよりますが、薬によって完治することもできるようになったのです。

もちろん、今でも治療法が見つかっていない性病もありますが、それでも早期に発見できれば、進行食い止めることができますし、昔に比べれば遥かにリスクを抑えることができるのです。

性病の中でも有名なクラミジアも、早い段階で検査を受けて、適切な治療をしてもらって、そして薬を使用することによって、完治させることができるのです。

ただ、やはり薬を使用することになるわけですから、何らかの副作用が生じることもありますし、正しく使用しなければ別の問題を引き起こしかねないので、それはそれでしっかりと注意する必要があります。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。