最後の砦であるICI治療が話題になっている

ICI治療はデメリットもあります

勃起不全・勃起障害で悩んでいるED患者は日本国内で2000万人いると推定されていますががポピュラーな治療法はED治療薬を服用することです。
最近別のアプローチ方法が話題になっています。
それが<ICI治療>という方法です。

ICI治療はEDを治療する方法のひとつで、海綿体へ勃起を促進させれる薬を直接注入する方法のことです。
注射をして5分から10分程度で勃起効果が見られる即効性があるのが特徴です。
治療を体験したED患者の約97%が効果を実感している優れものです。
けれどもデメリットもあるのでご紹介しておきましょう。

1番目は、自分でペニスに注射をしなければならないことです。
自己注射型の治療法であり、慣れれば簡単にできる反面、慣れるまではとても勇気がいると思われます。
糖尿病患者がインシュリン注射をするのと同種のペン型の機器を利用します。
痛みはほとんどありませんが最初に刺すことを決意するのは容易ではないでしょう。

2番目は必ず専門医の診察を受けなければならないことです。
「勃起度の測定」「注射器の使い方の学習」「ペニスを医師に見せる」…こういった事にも抵抗感があるED患者様が多いです。

3番目はSEXしたあとも勃起状態が続くことです。
性的欲求や刺激などに関係なく勃起することはデメリットです。
重度のED患者ならば仕方がないですが軽度の場合は困るシーンもあると思います。
射精したあとも勃起ができるから早漏の男性には、これはメリットになるかもしれません。

4番目は高額な治療費が必要であることです。
注射1本で6000円から10000円の負担が必要です。
バイアグラが1錠1500円程度であるからコスト負担が厳しいですね。
SEXを1回するのに10000円負担しなければならないのだから、ちょっと二の足を踏んでしまうと思います。

このようなデメリットがあるのですが、今は一番効果が高い治療方法になっています。
バイアグラやレビトラが服用できない男性が最後の砦として利用する方法で注目されています。

ED患者がICI治療を受ける場合の手順

ED患者がICI治療を受ける場合の手順をご紹介しましょう。
勃起不全・勃起障害に悩んでいる男性は2000万人とも言われていますが、その中にはICI治療のことを聞いて興味を持っている人もいます。
ICI治療の流れを簡単にご説明しましょう。

1番目は予約をすることです。

インターネットでICI治療ができる医療機関を調べ、前もって予約をしましょう。
電話予約もネット予約もできるところが増えています。

2番目は問診票への記入です。

実際に診察に入る前には現状の病状や他の病気にかかっていないか、常用している薬はないか……など、できるだ詳しく正確に記載しましょう。

3番目は診察です。

問診票をもとに医師によるカウンセリングが行われます。
自分の症状を具体的にドクターに伝えて相談しましょう。
疑問に感じていることはしっかり質問すれば、医師はICI治療についての説明をしてくれます。
しっかりと治療内容を理解することが大事です。

4番目は各種テストや指導です。

カウンセリング・診察が終わればED治療薬を投薬して勃起状態をチェックするためのテストが行われます。
そして注射の方法を指導してくれます。
薬の効果をみて副作用がでなければ処方してもらえます。

以上、ED患者がICI治療を受ける場合の手順を説明したのでご理解いただけたと思います。
ED治療の選択肢の一つとして考えてみてください。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。