レビトラの正規品を病院で診察・処方申し込みをしてもらう

安心・安全第一なら病院へ

ED治療薬〈レビトラ〉は、既にジェネリック医薬品が登場しています。輸入業者に代行を申し込めば、個人で取り寄せることも可能です。

ジェネリック医薬品とは?

正規品と同一の成分ですが、製造方法が異なります。そのため体質により、効く・効かない又は効きすぎる事もあります。いずれにせよ服用は自己責任です。
正規品の服用経験がある人は、どこか違和感を覚えるかもしれません。代価品というよりは、類似品と認識すべきです。

レビトラのジェネリック医薬品は〈バリフ〉という名称で、インドの製薬会社から販売されています。
レビトラは非常に人気があるため、昨今は偽物が多く出回っています。個人輸入を行う場合は、信用できる業者に依頼しましょう。

安心・安全を第一に考える場合は、やはりジェネリック医薬品ではなく、正規品の服用をおすすめします。
その場合は、ED治療として医師に掛かる必要があります。自由診療のため保険は効きません。初診・再診に関係なく、10割負担での診療となります。尚、正規品のレビトラは一錠辺り2,000円前後です。

金銭的な面を取るか、安心・安全を取るかは個人によります。服用に不安がある方は、後者の選択が無難でしょう。
掛かりつけの医師がいれば、万が一重い副作用が起こった場合に、速やかな処置を受けることが出来ます。じっくりと考えて、後悔しない選択をして下さいね。

2タイプの入手方法

大人気のED治療薬〈レビトラ〉の入手方法は、2つあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、じっくりとご検討下さい。

医療機関で処方してもらう

根本的な原因を取り除きたい・安心安全に薬を服用したい場合は、こちらの選択が無難です。
自由診療になるため10割(全額)負担となりますが、正規品のレビトラを処方してもらうことが出来ます。
医師の判断によっては、レビトラ以外の処方になるかもしれません。その場合は「レビトラを試してみたい」と相談しましょう。尚、一錠辺りの価格は2,000円前後とのことです。

メリット:安全性
デメリット:金銭的な負担

個人輸入を行う

輸入代行の業者に依頼をすれば、ジェネリック医薬品を個人輸入することが出来ます。申し込みも殆ど手間がなく、一般的なインターネット通販と大差ありません。
注意すべくは、偽物の存在です。金銭的な無駄はもちろん、副作用に悩まされるケースもあるかと思います。信頼できる輸入代行業者を見つける事が大事なポイントになります。また、万一服用後に体調を崩した場合は、素直に医療機関で診察を受けましょう。

メリット:安価
デメリット:正規品との品質差、偽物の蔓延

個人的には、医療機関で処方してもらうことをお勧めします。酷い副作用が現れても、この場合は速やかに処置を受けられます。安心・安全、そして健康があってこそ、セックスは楽しめるのですから。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。