更年期の時期に入るとどうなるのか

更年期の問題

更年期に入るとどういった問題が出てくるのでしょうか?
健康志向の現代社会では更年期は特に注目されています。
女性は健康に関心が深いですから更年期は興味津々なのです。
更年期は男性も女性もあるのですが、女性はいろいろな症状がでてきます。
とりわけ40歳以上になると卵巣機能が衰えてきて閉経に向かいます。
閉経前後の10年が更年期と言われてます。
障害ばかりが注目されていますが、女性の自然なトラブルですから防げないこともあります。
更年期の特徴としては月経周期の乱れがあります。
出血量が違ってくるのが更年期の特徴です。
一般的に28日から30日の月経周期は短くなってきます。
次第に不定期になってきて、最後には停止し閉経状態になるのです。
更年期の時期になると低下が急激になって閉経します。
この場合の女性の卵巣では、本来分泌される女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなります。
それによって体内のホルモンバランスが崩れて<更年期障害>となるわけです。
ホルモンバランスが崩れると自律神経の調節が不安定になって「冷え」「のぼせ」「ほてり」といった更年期障害特有の症状が顕著になります。

更年期に見られる特有の症状と対処方法
更年期に見られる特有の症状と対処方法を3点ご紹介しましょう。


【 腰痛・腹痛 】
更年期障害の症状以外に卵巣腫瘍も同じ症状です。
早めに専門医を受診してください。

腰痛は更年期から発病することが多い閉経後骨粗鬆症と関連しているケースもあります。
ホルモン補充療法で治療しますが、エストロゲンの種類によっては保険適用できる場合もあります。
【 不眠 】
更年期のエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減少することによって自律神経が乱れることで発症するのが「寝付けない」「熟睡できない」「すぐに目が覚める」などの睡眠障害です。
寝る前にストレッチなど軽いエクササイズをしてみましょう。

またぬるめのお風呂にじっくり浸かるのも効果的です。
睡眠薬を使ったりホルモン補充療法で治療するのが一般的です。
【 イライラ 】
少しのことでも機嫌が悪くなったりイライラして感情が高ぶりやすくなります。
これも更年期症状のひとつですが、ホルモンバランスの変化と関係が深いです。
ホルモン補充療法で気分がリラックスできるようになるでしょう。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。