ホルモン補充方法(HRT)の基礎知識と乳がんの確率について

ホルモン補充療法(HRT)についての基礎知識

更年期になるとエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが減少します。
HRTは減少してしまったホルモンを補充する治療方法です。
場合によってはプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンを投与する場合もあります。
ホルモン補充療法(HRT)は保険適用ができます。
自己負担額が少ないのはありがたいです。
更年期障害の治療方法として根本的な治療ができると期待されているのです。

ホルモン補充療法はどういった場合の症状に効果があるのでしょうか?

「のぼせ」や「ほてり」などのホットフラッシュ症状や発汗など血管運動系の症状に効果があります。
また「知覚異常」や「動悸」などの自律神経系の不調の場合もHRTは効果的です。
それに、閉経後の骨粗鬆症の予防と改善にもホルモン補充療法は効果的です。
萎縮性膣炎(泌尿器生殖器の粘膜が乾燥したり萎縮したりして起こる)や性交痛の症状にもホルモン補充療法は有効です。

上記以外にも次のような効果もあります。
善玉コレステロールを増やして悪玉これ捨てローオルを減らすことで資質異常を改善することや不眠状態を改善して熟睡できるようにすることです。

またコラーゲンを増やしてお肌の潤いや張りを改善してくれるので女性には嬉しいです。

ホルモン補充療法は更年期障害の根本的な治療を目的としています。
症状緩和のために「漢方薬」「抗うつ・抗不安剤」を併用することもあります。

ホルモン補充療法ではどういった副作用があるのでしょうか?
「吐き気」「下腹部の張り」「おりものの増加」「バストの張りや痛み」「不正出血」などがあります。
これらの副作用は薬を服用する頻度や量を調整して改善できます。

ホルモン補充療法(HRT)と乳がんの関係について

ホルモン補充療法と乳がんについて、過去に海外の研究結果が発表されました。
一部のメディアで<乳がんになる可能性が高い>と取り上げられてしまったのです。
それによって行きすぎた解釈が誕生してしまいました。
その後、国際閉経学会の専門機関が再解析した結果、ホルモン補充療法のリスクは見直されました。
更年期障害で悩んでいる女性にとってメリットが多い根本的治療方法として再認識されています。
アメリカの研究では乳がんになりやすいファクターとしてホルモン補充療法よりも下記の要因の方が乳がん発症の可能性が高いと報告しています。

・乳腺の病気にかかった事がある。
・家族に乳がんになった人がいる。
・初産が35歳以上であった。
・出産経験がない。

日本国内では厚生労働省の研究班が2004年から2005年に調査が実施されました。
過去10年間にう乳がん手術を受けた45歳から49歳までの女性と、同じ世代のがん健診受診者の中で乳がんではない女性に対してホルモン補充療法の有無など21項目のアンケート調査をしました。
その結果、ホルモン補充療法経験者は5%で、ホルモン補充療法未経験者は11%でした。
乳がんではないグループの方が2倍の確率でホルモン補充療法経験者が多かった。
要するにホルモン補充療法経験者に乳がんが増えるという要因はありませんでした。
それよりもホルモン補充療法をしている方が乳がんになる確率は1/2なのです。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。