禁断症状の依存メカニズム

煙草の依存症は絶ちが悪い

煙草を止めようと思っていてもなかなか禁煙をすることができないという人は多いのではないでしょうか?

どうして、なかなかタバコを止めることができないのかというと、ニコチン依存症によって止めることができない場合が多いです。

一昔前は、ニコチン依存症に一度なってしまうと、治療をするのはかなり難しかったのですが、脳の働きやニコチン依存症のことが解明されるようになってから、少しずつ治療法も登場するようになりました。



依存される仕組みは同じ



基本的にニコチン依存症も、アルコール依存症も仕組みは似ています。

煙草を吸った場合、タバコに含まれているニコチンが脳に移動をします。

脳にはニコチン受容体というものが快楽神経にあるのですが、このニコチン受容体にニコチンが到着して刺激を与えることになります。

そして、刺激を与えたことによって、ホルモンの一つであるドーパミンが分泌されるようになり、また煙草を吸いたいと思うようになってしまうのです。

これが、ニコチン依存症のメカニズムになっているのです。

普段から煙草をたくさん吸っている人や、長年吸っている人になるほど、ニコチン依存症が進行しています。

ニコチン依存症というのは、一種の脳の病気になっており、自分だけで禁煙をするというのは非常に難しいものです。

自力では限界がありますし、禁煙をしようとした結果、禁断症状に悩まされてしまうということだってあるのです。

例えば、ニコチン依存症の禁断症状として、ストレスの蓄積や集中力が散漫をする、情緒不安定になるといった症状が現れたりします。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。