低用量ピルの使用は高確率で避妊が望まれる

低用量経口ピルの服用

一般的にピルと知られている経口避妊薬は低用量ピルで、OC(OralContraceptives)と呼ばれることもあります。
低用量ピルの場合、含有されるホルモン量が少ないため、一回服用すれば終わりというわけではく、少量ではある分、効果が少ないため、一定期間飲み続ける必要があります。

このように、飲んでいる間は避妊効果が期待できるのですが、そろそろ妊娠したいと思ったら服用をやめれば妊娠することが可能になります。

一般に副作用も少なく安心して使用できる避妊方法の一つです。

使用方法ですが、通常、毎日、同時間に服用します。開始するのは、生理が来た初日で、その後、継続して21日間、毎日、服用します。その後の7日間は服用を休むことによって、その間に次の生理が来ることになります。

ところがこの方法では、次の生理が開始しても飲み忘れてしまう人も少なくないため、毎日飲むことを習慣化させ、7日間は、有効成分が入っていない薬を飲むといった方法もあります。そうすれば習慣化することによって、飲み忘れが少なくなるからです。

ピルには「卵胞ホルモン」および「黄体ホルモン」が含まれており、その組み合わせによって規則正しく服用することによって、非常に高い避妊効果が得られるようになっています。

生理日の調整は可能

低用量ピルのを服用することで避妊効果が得られるだけではなく、生理日を調整することも可能です。

通常、ピルは生理を28日周期と考え、21日間服用し、その後の7日間の服用を休みますが、必ずしもピルは21日間飲まなければいけないわけではなく、最低14日飲めば良いことになっています。
なので生理をその月だけ早めたいと思っている場合に関しては、21日間飲むのではなく早めたい日付の分だけ、早めに薬をやめてしまえば、次の生理は早くやってきます。

ただ、早めに薬をやめてしまうと、飲み始める曜日が変わってしまうため、開始の曜日について混乱してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

実際に例をあげてみると、いつもより生理を3日早く開始したいというのであれば、飲む薬も3日分の3錠を減らすことになります。そして18日飲んだところで薬をストップします。
もし、14日でストップしたとすれば、いつもより7日早く生理が来ることになります。

このようにしてピルを服用すれば生理を自由にコントロールすることができるという大きなメリットがあります。ただ、注意しなければいけないのは、薬の服用は最短で14日、休薬は最長で7日ということです。

実際にピルを避妊薬として使用しているのではなく、生理日の調整が主な目的で服用している人もいるようです。

計画的な避妊効果

海外の多くの国では、避妊方法として定着した低用量ピルの使用ですが、日本でも少しずつ定着してきているとは言え、いまだにその使用については不安を感じている人も多いのではないでしょうか?
日本では1999年に認可が下り、その後、少しずつ知名度も高まってきているようです。

また、低用量ピルは避妊薬としてだけではなく、ニキビにも効果があることで注目を浴びてきているようです。それに、ホルモンバランスを調整してくれるため、生理不順に悩む女性の間でも注目されています。
現在では、美容面の効果も脚光を浴びてきているのです。

とは言えども、肝心の避妊薬としては、その他の国に比べると、日本でも普及してきているものの使用に不安を感じる女性も少なくないようです。低用量ピルを適切な方法で使用すると高確率で避妊することが可能になります。
このように、低用量ピルが普及すれば、多くの女性が中絶で悲しい思いをすることがなくなるでしょう。

また、想定外の妊娠で苦しむのは女性だけではありません。その結果、望まれない出産のあげくに見捨てられてしまう子供達といった、可哀想な被害者達の増加を確実に減らしてくれることでしょう。

服用するだけで簡単に使用できる低用量ピルによって、避妊を計画的に行うことができるのですから、さらなる普及が望まれるのです。

長期間に及ぶ使用

低用量ピルの使用をすることによって避妊効果が期待できますが、同時に副作用も考えられます。ただ低用量ピルの場合、含有されるホルモンの量が少ないため、通常、使用では副作用は軽減されています。
たとえ少量のホルモン量ではあっても、長期服用すると体への影響が強くなります。

中には、かなり重要なリスクも考えられます。

例をあげるならば、低用量ピルを長期間使用した場合のリスクとして、卵巣癌、骨盤内炎症性疾患、子宮内膜癌などがあげられます。
低用量ピルの使用は比較的安全であるとは言え、長期間使用することによって得られる弊害やリスクについても考慮する必要があります。

また、長期服用による影響については、まだ、はっきりとはわかっていない部分もありますので、低用量ピルの効果が高くても、あまり低用量ピルに頼り過ぎてしまうのは危険です。

低用量ピルを使用する場合は、そういったリスク等についてもしっかりと理解した上で、きちんと管理して服用することが必要です。
確かに低用量ピルではきちんと管理していれば安全で高確率な状態で避妊することができます。

ですが、長期間に渡っての使用は避けるべきでしょう。

また、低用量ピルを長期間すれば、ホルモン量に変化も見られます。
低用量ピルを使用していない場合も同様ですが、定期的に乳癌や子宮癌の検査は受けるべきでしょう。

その他にも、長期間、使用して、気になる症状や変化などを感じた場合は、早めに医師に相談することをおすすめします。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。