経口避妊薬の利用と注意点を忘れずに

経口避妊薬の飲み方

経口避妊薬は避妊を目的とした薬です。注意しないければいけないのは、毎日、忘れずに服用しなければ効果が得られないということです。

通常、21日の間、毎日、薬を服用し、その後の7日間は薬を飲むのをお休みにします。生理周期を28日として計算し、1日から21日までとその後の7日をを1周期として計算し、29日目からあらたに薬を飲むのを開始します。
薬を飲み忘れてしまうと効果が得られませんので、毎日同じ時刻に飲むようにします。

ただ、もし、事情により、同時刻に飲むのを忘れてしまった場合、できるだけ早く、飲み忘れた薬を飲むようにしましょう。飲み忘れてしまい、次の日にそのことに気がついたような場合は、気が付いたら、即、前日の薬を飲むようにし、さらに、同日にその日の分の薬をいつも通りに飲むようにします。

万が一、2日以上、続けて飲み忘れたような場合は、その月は、それで服用をストップし、別な避妊方法を取るようにします。そして、次の月経がはじまったところで、また、次の服用を開始することになります。

経口避妊薬による副作用

経口避妊薬を使用しても、通常、それ程、重大な副作用に悩まされるようなことはありません。
ただ、はじめて経口避妊薬を飲み始めるような場合は、通常より、胸が張ったり、不正出血、吐き気などを経験するようなこともあるようです。

これはなぜかと言うと、経口避妊薬を使用することにより、一時的にホルモンが乱れることにより起こるため、通常は、そのまま継続していると、徐々にそういった副作用が消えていくことが多いようです。

また、副作用には個人差があり、人によって、ほとんど副作用を感じないという人もいれば、また、他の人より副作用を強く感じる人もいるようです。副作用の代表的な物として、不正出血などの他に、体重の増加、また、吹き出物といった症状があげられますが、これは個人差だけではなく、服用するピルの種類によっても差が生じるようです。

通常、健康な若い人の場合、それ程、強い副作用が出ることはなく、服用を続けていくうちに、副作用は少なくなっていくことが多いのですが、40歳以上の女性や喫煙者などは注意が必要です。

また、薬の服用によって血栓系の病気が誘発されたり、すでに病気がある方は病状を悪化させてしまう場合もありますからそういった症状が出た場合には、速やかに医師に相談するようにしましょう。
ピルには、血を固めようとする働きがあるため、稀ではありますが血管を詰まらせてしまうような場合も考えられ、重症化すると脳梗塞や心筋梗塞などが引き起こされる可能性もありますから、過去に病気の経験がある方、副作用を経験された場合は使用前に必ず医師に相談してください。

また、長期間のピルの使用は子宮がんや乳がんを発症させる可能性が高くなると言われています。ですから、定期的に健診を受けることが望まれます。

経口避妊薬を利用できない人

低用量ピルには卵胞ホルモン薬、黄体ホルモン薬が配合されていて、正しい方法で飲み続けることによって、排卵を抑えることができ、また精子が子宮に侵入するのを防ぐことにより避妊することが可能になります。

飲み忘れがなければ、非常に高い避妊効果があると言われています。ただ、問題は、ついうっかり飲み忘れてしまったりすると、その効果がなくなってしまうということです。

日本では欧米の国々に比べると、それ程、一般的ではありませんでしたが、近年、少しずつ、普及するようになりました。服用するためには、基本的に医師の診察を受けた後で、処方してもらわなければなりません。

また、血栓症や心臓病などの疑いがある人には処方することができません。

低用量ピルは、基本的には生理開始から21日間、薬を服用し、残りの7日間は薬を飲むのを休むことになりますが、薬のタイプによっては偽薬も用意されており、28錠の薬を服用することになる場合もあります。

また、それだけではなく、薬によって、黄体ホルモンの種類、配合方法(NET、LNG、DSG、1相性~3相性)などが違っていたり、月経初日に始める代わりに、日曜に始めるタイプなど、色々なタイプが用意されています。
ただ、種類があるとは言え、基本的に医師の診察を受けて処方してもらうことになります。

医師の診断を受ける場合には、問診を受けることになりますが、もし、その他に飲んでいる薬や持病などがある場合は、必ずあらかじめ報告するようにしてください。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。