生活習慣病とEDは生活リズムは緩和される

基本の生活リズムを心がける

生活習慣病とEDの関係についてお話をしよう。
最近の医学的な事から生活習慣病は、EDの主な原因になっていると考えられている。
具体的にどういったことが原因になるか説明しよう。

1番目は心理的な要因である。
「ストレス」「うつ病」「トラブル」「急に起こる不幸な出来事」……。
人はいつ自分の身に降りかかってくるかもしれない事柄に常に心理的なストレスを抱えている。
それが原因となってEDになることがある。

2番目は加齢が原因であるEDだ。
年齢が高くなるのは人間に平等に訪れることで誰もが避けることができないことだ。
これは心理的な面とは全く関係がない。
高血圧・糖尿病……これらが原因になることがあるがもとは生活習慣病なのである。

3番目は神経系の障害があって、それがEDの要因になるということだ。
「脳の障害や病気や出血」が原因になりペニスに血液が流れ込まないことからEDになるのだ。

こういった生活習慣病がもとになるEDがあるのだ。
基本的な生活リズムの改善が必要とされる。
それによって症状は緩和されるだろう。

短期間に改善することはない。
長い目でみてしっかりと治療に専念してほしい。
心当たりがあるならば男性専門クリニックや泌尿器科を受診することをお勧めする。

患者数も年々増加の傾向にある

生活習慣病がEDの原因になっているかもしれない。
ED症状は年齢が高くなるほど男性に発現しやすくなる病気で罹患率で言えば..
・50歳代後半で47%
・60歳前半で57%
・60歳後半では70%
..という報告もある。

全ての男性に該当する訳ではない。
しかしEDの悩みを抱えている男性は想像しているより多いのではないだろうか?
日本国内限定でも1000万名以上の患者数になっている。
そのEDの原因として生活習慣病が指摘されている。
生活習慣病になることでEDのリスクが高くなるのだ。

もしもEDになった場合にはED治療薬の服用が効果的だ。
一番有名なものはファイザー社のバイアグラで日本では1999年に発売されている。
そしてバイエル社のレビトラは2004年発売だ。
バイアグラよりもレビトラの方を進める意見も多い。
その理由はバイアグラと比較すると優れている点があることだ。
バイアグラのウイークポイントを克服するために研究開発されて発売されたのだから当然のことである。
例えば、服用してから効果がでる時間。
バイアグラは服用してから1時間ほど待たなければならない。
しかしレビトラの場合は15分ほどで効くのだから前戯をしたりKISSしたりいちゃついている間に効果がでてくるのだ。
この即効性はレビトラの特徴であり、空腹時のみならず好きなときに服用できるのも便利だ。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。