ED治療薬の歴史を振り返る

ED治療薬の誕生秘話

ED治療薬の誕生秘話をご紹介したい。

ED治療薬が誕生するにはどういった歴史があったのだろう?
世界で初めて誕生したED治療薬は、今やED治療薬の代名詞ともなっている<バイアグラ>だ。
この医薬品は最初からED治療薬として研究開発されてものではなかったのだ。

当初は狭心症の治療薬という目的で研究開発されていた。
そして狭心症の被験者に余った試験薬を返すように言ったところ、それを渋ったそうだ。
何故ならば「勃起不全を改善できた」とか「勃起の時間が持続してセックスの快感が良くなった」という効果があったからだ。
こういったことからバイアグラは狭心症の薬からED治療薬として生まれ変わって1998年アメリカ合衆国で販売が開始された。

日本でバイアグラが発売されたのは1999年のことであった。
当時は今ほどの認知度も信頼度も高くなかった。
そして個人輸入していた男性の死亡事故もあったのであまり売れていなかった。

バイアグラの効果はとても高いです。
規定の服用量よりも少なくても効果を実感できるほどです。
初めて利用する場合は男性専門クリニックや泌尿器科やメンタルクリニックなどの専門医に相談して処方してもらうのが最も安全です。

一番安全なED治療薬はどれ?

「一番安全なED治療薬はどれなのか」と聞かれるとなかなか答えは難しいだろう。
バイアグラはED治療薬として一番知名度は高いだろう。

米国ファイザー社によって研究開発されて日本では1999年に販売されている。
現在一番幅広く愛用されているED治療の医薬品だ。
人気と実績から判断した場合には世界中で安全性が高いのではないだろうか?

バイアグラの次に研究開発されたED治療薬がレビトラで、バイエル社の医薬品です。
第2のED治療薬という位置づけなのでバイアグラの改良版としてとらえられることが多い。

そして第3のED治療薬として登場したのがシアリスで、イーライリリー社によって研究開発されました。
こちらはバイアグラやレビトラとは違った特徴がある。
<ウイークエンドピル>と呼ばれることもあり約36時間ほどの持続効果が期待できる

そういった側面からシアリスが一番優秀だと考えている人も少なくない。
けれども効果が長時間続くのは、それだけ体内に薬の成分が残るということになる。
人によっては「身体に負担が大きいから」という理由から使用を控える人もいる。

シアリスの主な成分は「シルデナフィル」「バルデナフィル」「タダラフィル」――この3つの成分は似た特徴がある。
その薬が自分の身体にあっているかどうかは服用してみないとわからない。
副作用もあるので最初は専門医を受診して処方してもらうのが賢明だろう。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。