心臓病とEDも同じ血管系の疾病

心疾患の油断できないリスク

心疾患を抱えている人は実際にはかなり多く、心筋梗塞狭心症などが含まれる虚血性心疾患と呼ばれているタイプの患者数はなんと80万人にも上るそうです。
これらの虚血性心疾患に分類される病気はそのまま放置していると非常に危険な状態にいつなるか分からないリスクをはらんでいますので、油断はできません。

特に、心筋梗塞で突然死する人も珍しくありませんし、まだ発作が起きないうちに治療と生活習慣の改善に取り組むべきです。

ちなみに虚血性心疾患での虚血とは、心臓に血流を送るための冠状動脈が血栓などの異常で狭くなり、十分に血液が流れていない状態を指しています。

命の要ともなる心臓に血液が不十分に行きわたらないことは、すなわち生命維持機能の危機的な状態を示しています。

狭心症や心筋梗塞が判明したのをきっかけにして、治療で落ち着いた後でも心臓の健康を第一に考えた生活をしなければ安心はできません。

心臓病とEDの関連性

EDとよく似ているメカニズムで発祥しやすい病気としては心筋梗塞や狭心症が挙げられます。

血管のつまりや、血流の異常に起因して、必要な分だけの血流がいきわたっていないのです。
勃起不全も血流の不全が原因なので、用いられている治療薬は心臓疾患系に使用されるものと似ている作用を持っています。
実際に、ED治療薬が心臓系疾患の薬剤として応用されるケースもあります。

いずれにしても、健康と正常な性機能を保つためには血管の状態がいかに重要なのかが分かります。

体の末端になっていくほど血管は先細りそれにつれて、血圧が異常をきたすとともに血流も行きわたりにくくなるのです。
男性器も体の末端にあたる部分ですから血管疾患による異常の影響が真っ先に表れやすい部分でもあるので、様子がおかしいと思いはじめたら、身体の健康の方も損なわれ始めているサインとして、見逃さず慎重に捉えたほうがいいかもしれません。

飲み合わせに注意

心臓系疾患と、EDの症状は同じ血管に原因の端を発しているので、同時に表れやすい病気でもあります。

心臓疾患の治療には、冠状動脈と呼ばれている血管系に流れる血流をスムーズに行きわたらせるためのサポートとして、ニトログリセリン系の薬剤が用いられます。
同時に治療を行っていると当然薬の飲み合わせによって副作用が起きないか、深刻な障害をもたらさないかと不安になるのは自然なことです。

高血圧の治療に使われる降圧剤の中には、ED治療薬との相性が悪く、時に重篤な状態を引き起こすきっかけにもなりますので、特に個人的にED治療薬を処方している場合でも必ず医師の確認を摂ってからにしてください。

万が一、薬の副作用で発作を起こした時の対処法の勉強もして、できれば周囲の人にも適切な対処が行われるように協力してもらってください。間違った薬剤の服用によって思いがけず寿命を縮めてしまうのは非常に不幸なことです。

性交中の興奮は心臓疾患にもつながる

心疾患を招きやすい要因としては、性行為中の心拍数の上昇も含まれています。
性行為での心臓にかかる負担はその時は見逃されやすいですが、身体にあまり無理を聞かせられない年齢になってくると、慎重に行う必要も出てくるでしょう。

疲労感と共に興奮状態になっているため、負担に関してはそれほど気にかかりませんが、あまり度が過ぎると心臓への負担の方が深刻になります。

特に心拍数を高めやすい状況やシチュエーションの際には、心拍数が非常に負担をかけるので、気持ちや衝動をコントロールしつつ無茶をし過ぎたり危険な遊びにのめりこみ過ぎない自制心が重要です。
例えば、不倫相手との行為や、アルコールで酔っている状態では興奮し易かったり羽目を外しやすいので要注意ですね。

性行為中は刺激の強すぎる遊びは極力避けて、日常的に楽しむのだったらリラックスしながら落ち着いて行えるパートナーと行う事が望ましいでしょう。

狭心症のおそろしさについて

どんな臓器でも正常な血管に血流が流れ、酸素や栄養が運ばれてこそ健康を保っていられるので、その重要な役割を担っている心臓には特に健康の注意が必要だと言えます。

血行の不良は様々な病気を引き起こしやすくなるので、まず第一に考えられるべき重要なポイントです。

心臓の健康で気になる疾患としては狭心症が代表的ですね。
狭心症では、症状として胸が痛くなったり呼吸がしにくくなることが挙げられ、比較的発見しやすいとともに、心臓に明らかに不調があることに気づくので正直焦ってしまうでしょう。

こうなると無暗に体を動かして心拍数を上げるのもためらわれますし、時には外出もままならなくなる場合もあります。

健康な心臓を支えている冠動脈に異常が起きると、生命機能の維持のための必要な機能のバランスが一気に崩れます。少しでも違和感を覚えた場合はすぐに病院を受診し、血管系の原因を究明するべきです。

心臓病の兆候を見逃さないために

心臓に痛みや締め付けなどの違和感が発生したときには、狭心症の疑いが強いですし、そのまま放置していると命にもかかわる危険な事態になってしまうでしょう。
その痛みはもっと広がり、心臓の辺りだけではなく胸全体や腕や肩、そして顎までの広い範囲にまで及ぶ場合もあるので、そこまで進行したらさすがに病院に行くべきです。

胸の痛みだけではなく肩こりやしびれといった症状も現れるので他の病気と勘違いしやすい場合もあったり、何でもないだろうと見過ごしやすいときもありますが、どこか違和感があった時にはいつもより変な感じがすればすぐに、どんな症状であっても診断を受けなければ手遅れになる可能性もあります。

狭心症がひどくなると痛みで眠っている間に途中で目が覚めたりもします。

狭心症のタイプによっては急に状態が悪化するケースもあるので、今はまだ大丈夫と思って油断せずに、早いうちに病院へ行きましょう。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。