各ED治療薬の違いと数値比較する

持続時間と生物学的利用率について

ED治療薬の持続時間を一番重視しているのだったら、数値で見てみるとT1/2を調べてみれば参考になります。
この数値は治療薬の有効成分の血中濃度が半減するまでの時間を示しているので、この値が大きければ大きいほど持続時間が長いことを表しているのです。

バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフフィル)でT1/2の各数値を比較してみますと、ダントツでシアリスの数値が大きくなっているので、持続時間で選ぶのなら一番シアリスです。

レビトラのT1/2の数値は14~15、つまりそれくらいの時間(約半日)の効き目が続くのということです。

バイアグラとレビトラに関しては、血中濃度が高くなるまでの時間が同じくらいなのと並んで、持続時間の方も約3時間~5時間と似ている数値になっています。

生物学的利用率についてみてみると、これはおなじみのバイアグラが一番高い40パーセントになっていますので、やはり効き目の十干の評判が数値にも表れていますね。

各治療薬を数値で比較する

バイアグラやレビトラ、シアリスなどの各ED治療薬には、生物学的にみるとそれぞれで吸収されたときの利用率で差が表れてきます

ED治療薬の有効成分の血中濃度が一番高くなるまでにどれくらいかかるのかを表している数値を、Tmaxという単位で表示できます。

このTmaxの単位が少ないほどに、短い時間の間によりはやく効き目を感じやすい意味になりますが、この数値で見てみればレビトラ(バルデナフィル)が一番即効性が高いということになります。
バイアグラもなかなか早く効き目を表すと認知されていますが、若干の差で速さにおいてはレビトラの方が勝っているのです。

>> レビトラジェネリックをお求めの方はコチラへ<<

それでは、副作用の面での数値における各ED治療薬を比較してみると、シアリス(タダラフィル)と比較して、バイアグラ(シルデナフィル)やレビトラの方が副作用を招き易いという結果が出ています。
そのように、効き目が早くなくてもいいので作用が緩やかで負担のかからない治療薬を選びたいのならば、シアリスの方が望ましいことになります。

ED治療薬を選ぶ基準としては、このように調べたい数値に基づいて比較検討するとより、各特長・メリット・デメリットが良く分かるようになりますから、正しい判断に基づいて選択できます。

各治療薬の酵素阻害作用の違いについて

生物学的に見て、全身に存在していて各部位ごとに異なっている酵素や細胞などの働きを阻害する副作用を持っていることを、ED治療薬を使用する前に不安の原因を解消するためにもよく把握しておきましょう。

ED治療薬は視覚にも副作用として多少影響する場合がありますが、その傾向は各薬剤の中でもバイアグラ(シルデナフィル)とレビトラ(バルデナフィル)に特に強いです。

網膜に存在していて視覚機能をサポートしている酵素をPDE6と呼びますが、これを阻害する有効成分の濃度が一番多くなならないのが、シアリスになっています。
この点でも、シアリスは副作用的には他の2つよりは安心して使えるのが良く分かります。

>> シアリスジェネリックをお求めの方はコチラへ <<

他にも、PDE9やPDE11といった、身体の各部位ごとにさんざしている酵素の阻害作用は薬剤ごとにまた差がありますが、モノによっては深刻ではない場合もあります。
シアリスでも酵素によっては一番阻害作用が出やすいときもあるのです。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。