人気のゼニカルについて

アメリカFDAが認可したダイエット薬

インターネットが普及し、個人輸入が容易になった昨今は、海外からダイエット薬を取り寄せる人が増えました。 その中でも有名なのが、アメリカFDAお墨付きの〈ゼニカル〉です。

ゼニカルは、有効成分のオルリスタットがリパーゼ吸収を阻害することで、体内にてカロリー制限を行います。 働きはとても単純で、食事に含まれる脂肪分の吸収を阻害し、そのまま体外に排出します。 そのためゼニカル服用中は便に油分が混じる状態となり、人によっては軟便・下痢になることも珍しくありません。

ゼニカルには、腸内環境を整える(浄化を促す)成分マイクロクリスタルライン・セルロースも配合されています。 スムーズに排便し、脂肪分を速やかに排出するためです。 しかし、いつまでも軟便・下痢が続くようであれば、服用を中止したほうが良いでしょう。 医薬品は、体質によって良し悪しが変わる為です。 放置すれば、脂溶性ビタミン不足に陥ります。

尚ゼニカルは、サノレックスと異なり日本国内では認可されていません。 アメリカでは安全性が高いダイエット薬と評価されていますが、服用は自己責任です。 安全性を確保するためにも、可能な限り医師に指示をもらいましょう。

また、既存の体内脂肪には効果がありません。 結局のところ、ダイエットは適切な運動が重要なのです。

ゼニカルの服用条件

効果的なダイエット薬として重宝される〈ゼニカル〉ですが、誰もが服用できるものではありません。 服用には医師の指示が必要であり、またいくつかの条件が設けられています。

下記の条件に一致する人は、服用することが出来ません。

・12歳以下
・妊婦及び授乳中の女性
・心臓ペースメーカーを使用している人
・ホルモン治療中の人

条件を満たし、且つ健康的な人であっても、副作用が起こる可能性があります。 ガス(おなら)が増える、便通の回数が増える、軟便が続くなど、いずれも重篤な症状ではありませんが、続くようであれば医師に相談しましょう。

また脂溶性ビタミン(A,D,E,K)とベータカロチン不足にも注意して下さい。 ゼニカルは脂肪分の吸収を阻害する薬のため、脂肪と同様に扱われるこれら栄養素への影響は、どうしても避けられないのです。 服用中は、意識して摂取量を増やしてください。 食事だけでなく、サプリメントを併用しても構いません。

もちろんゼニカル服用の場合も、適切な運動は大切です。 痩せるための努力を惜しまず、前向きに取り組みましょう。

便秘解消になった

私は酷い便秘体質で、それが原因で肥満状態にありました。 便秘で肥満?と思われるでしょう。 私も医師に指摘されるまでは、運動不足が肥満の原因だろうと思い込んでいました。

そのメカニズムを簡単に説明すると、腸の働きが鈍い→便の排出が遅くなる→便が毒素を排出し、腸内に悪玉菌が蔓延する→新陳代謝が落ちる→脂肪が燃焼されにくくなる・・・と、なります。 もちろん、肥満にはこれ以外の要素も絡んできます。 しかし何であれ、便をスムーズに排出しなければいけないことに変わりはありません。

そこで私が試したのは、ダイエット薬のゼニカルです。 すでに代謝が低下しているため、便秘解消だけでは脂肪は落ちないと言われ、試しました。 「脂っこい食事が好きなら、尚のこと」とのことです。

確かに私、ステーキとか・・・とにかく油ものが大好き。 食べたら太るとわかっていても、こればかりは止められません。 ゼニカル服用中も、肉類は豊富にとってました。

でも、すぐに葛藤が私を襲いました。 こうした油分豊富なものを食べると、便はゆるゆる、おならと同時に暴発・・・なんてことを繰り返したためです。 何故なら、ゼニカルは脂肪の吸収を抑制する薬。 30%程度しか脂肪を排出できないとありますが、それでも恐ろしいほどに出てきました・・・。 便が、ねっとりと光っているんです。

ノンフライヤーで調理したり、和食も取り入れたり・・・色々と努力しました。 でもやっぱり、肉類を食べると「うわぁあ・・・」という便が出るので、今尚葛藤は続いています。 それでも、便通が改善したことは良かったと思っています。 酷い時は、2週間近く出ませんでしたから。

私のように酷い便秘に悩んでいる、且つ肥満気味であるなら、ゼニカルが良いですよ。 便のコントロールさえ出来れば、体重もゆっくり落ちていきますから。

ゼニカルによる副作用

国外では、安全性に問題無しとして認可されている〈ゼニカル〉ですが、国内では認可されていません。 しかし昨今は、個人輸入という形で容易に入手が可能です。

医薬品であるため副作用が有り、服用は完全に自己責任です。 食事制限や運動をして尚まったく痩せない場合を除き、服用をしないほうが良いでしょう。

ゼニカルには、下記の副作用が確認されています。 いずれも有効成分の働きによる影響ですが、長期間続く場合は医師の診察を受けましょう。 放置した結果、重篤な症状を引き起こしては手遅れです。

・軟便および下痢
ゼニカルは脂肪の分解・吸収を抑制し、体外に排出します。 そのため便には油分が混じり、結果として軟便や下痢が起こります。 脂肪の少ない食事を取る=排出される油分を減らすことで解消しますが、長期に及ぶ場合は服用を停止したほうが良いでしょう。

・ガスの増加
腸の働きを促す効能もあるため、結果としてガスが増加します。 スムーズに排出できる人もいれば、蓄積され不快感に悩まされる人もいます。 服用中は、意識してガスを出す様にしましょう。 尚、軟便・下痢も起こっている場合は、色々な意味でご注意ください。

・脂溶性ビタミン及びベータカロチンの欠乏
この2つは、脂肪と結びつくことで初めて働きます。 ゼニカルにより脂肪吸収が抑制されると、否応でも影響を受けてしまうのです。 服用中は意識して摂取し、必要であればサプリメントで補いましょう。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。