セロトニンと食欲抑制の食事関係に悩まされる

湧きつづける食欲の謎

いくら食べても満腹感がない―世の中には、そうした人もいます。またダイエット中は、こうした症状に悩む人が多いです。湧きつづける食欲の秘密は、脳にあります。

早食いをはじめ、様々な要因が絡み合い〈満腹中枢〉への刺激が弱まると、胃の容量は一杯であっても「満腹だ」と伝達されません。それどころか「まだ足りない」と更なる食事を促し、それでも満腹中枢には伝達されず・・・という負のサイクルに陥ります。特にダイエット中はストレス過多が続くため、陥りやすいと警告されます。
また脳の伝達物質〈セロトニン〉の分泌量も関係しており、自律神経が乱れている人も注意が必要です。

それでも、食欲を抑える方法はあります。もっとも手軽なのは、咀嚼の回数を増やすことです。流し込むような食事は止め、一口30回を目安に咀嚼しましょう。顎を動かすことで、満腹中枢への刺激が増すためです。

また薬物による抑制も有効です。この場合は、然るべき医療機関で相談・診察を受けて下さい。これは、本人が意識せずとも抑制できるメリットがありますが、金銭的なデメリットもあります。また必ずしも薬が合うわけではないことをご理解下さい。

薬物治療も効果がない場合、残された選択肢は〈手術〉です。胃をバンドで縛り、強制的に食事量を減らします。但し薬物治療と同様、金銭的なデメリットはあり、且つ後遺症に悩まされるケースも多いようです。

とりあえずは、よく咀嚼する癖をつけましょう。習慣にすることが出来れば、長期的に〈太りにくい〉体を維持することが可能になります。

痩せない原因は脳にもある

あらゆる努力を以ってしても痩せられない場合は、脳に原因があるかもしれません。その原因は〈セロトニン〉です。うつ病やパニック障害の原因としても知られるこの物質は、過剰分泌によりバランスが崩壊すると様々な障害を引き起します。

そのひとつは食欲の抑制です。いくら食べても―それこそ胃は満杯でも―満腹中枢へ正しい指令が送られず、脳は「まだ食べたりない。空腹だ。もっと食べろ」と誤った指示を出し続けます。セロトニンの過剰分泌・バランス崩壊は、薬物により治療が可能です。その場合は神経科や心療内科で診察を受けて下さい。

薬物治療に抵抗がある場合は、自律神経の乱れを正すことで改善を目指します。難しいことは無く、生活リズムを正し、ストレスを適度に発散することが中心です。昔ながらの生活―日の出と共に起床し、夜が更ける前に就寝すること―が、何だかんだで最も体に望ましいのです。

適度な運動も欠かさないでください。また食事の際は、早食いに注意しましょう。よく噛むことで、満腹中枢を刺激する〈シナプス〉が分泌されます。

そして間食後は、皿を前に「これだけ沢山の料理を食べた。もうお腹は一杯」と言い聞かせましょう。食べたことを意識させることが、大切です。

満腹感を得る方法

ダイエット中は、ある程度の食事制限が求められます。 際限なく食事を取れば、その分だけ脂肪が蓄積されてしまうためです。

しかし、そのためにストレスを感じ“やけ食い”という形で発散してしまう人もいます。 これでは、ダイエットどころではありません。 寧ろダイエット前より太ってしまう可能性すらあります。

空腹感を我慢することは、とても辛いことです。 悲しさのあまり涙が出ることもあるでしょう。 しかし、泣いてばかりもいられません。 本当に痩せたいのであれば、乗り越えましょう。

ダイエット中の空腹感に悩む人の多くは、早食いの傾向にあります。 殆ど咀嚼せず、流し込むように食べてはいませんか?これでは満腹中枢が一向に刺激されないため、脳はいつまでも「足りない。まだまだ空腹だ。もっと食べろ」と命令を出し続けます。 なので、このメカニズムを活用しましょう。 満腹中枢さえ刺激してしまえば、量を抑えた食事でも満足することが出来るようになります。

そのためには、よく咀嚼をすることです。 固い物も柔らかい物も、30回を目安に噛みましょう 咀嚼をすることで脳は、「自分は食事をしている。 しっかりと食べている」と認識し、それは満腹中枢へと伝達されます。

また精神的な意味合いもあり、きちんと食事をしていることを認識する=満足感を得ることも出来ます。 しかし、これでも駄目だった場合は、薬物治療や手術が推奨されます。 胃をバンドで縛るアレです。 どうしても・・・という場合は、最終的な選択肢としてご検討下さい。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。