生活習慣に気を付け女性ホルモン増加させる方法

どうやって女性ホルモンの分泌を促す?

女性ホルモンの分泌を促す方法というのはいくつかあります。

  • サプリメント
    最近は女性ホルモンの分泌を促進させやすい成分が配合されているサプリメントが人気になっています。特にプエラリアやイソフラボンのように植物性エストロゲンが注目されています。薬と違って、副作用のリスクがほとんどない状態ですから、健康的に女性ホルモンを増やしたい人にオススメです。
  • アロマテラピー
    香水やアロマのように、女性が好みやすい香りを嗅覚で感じ取ることによって、視床下部からの命令で女性ホルモンが分泌されやすくなります。中でもバラの香りというのは、女性ホルモンの分泌を促進しやすいといわれています。
  • 生活習慣や食生活の見直し
    普段の生活習慣や食生活の見直しをすることも大切です。夜更かしをしたり、喫煙をしないといった生活を過ごすことも大切ですし、卵や大豆のように女性ホルモンに作用しやすい食べ物を食べることを意識するようにしましょう。
  • 感情を高ぶらせる
    女は恋愛をすると綺麗になるといわれているのですが、恋愛感情で感情を高ぶらせたり、感動をしたりすることによって、女性ホルモンの分泌量が高まりやすくなるということは医学的にも証明されてます。
  • ホルモン補充療法
    内服薬や注射などを使って女性ホルモンを補充して、体内の女性ホルモンを増やしていくという方法となっています。更年期障害の症状を抑制しやすくするとされているのですが、子宮ガンなどの発症リスクをアップさせてしまうというデメリットもあります。

生活習慣に気を付けて女性ホルモンを増やそう

普段の生活習慣を見直すことによって女性ホルモンを増やしていくことも可能になっています。最近は女性でも働いている人が増えてきており、ホルモンバランスが崩れたことによってひげが生えてしまって悩む女性も多くなってきているといわれています。

今回はどのような生活習慣をすれば、女性ホルモンを増やしやすくすることができるのかをご紹介します。

  • ストレスを溜めこまないようにする
    ストレスを発散させなかったら、だんだん自律神経が崩れてしまいます。この結果、女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。さらに、ストレスを溜めることによって、ビタミンCが壊れてしまい、これがホルモンバランスの崩れを促進させてしまうのです。
  • タバコを吸わない
    喫煙をしてしまっていると、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。また、研究でも煙草を吸っていない人と比べて喫煙をしている人は、閉経をする平均年齢が2年も早くなっています。喫煙をすると、ニコチンによって血行不良になってしまい、冷え性になりやすくなります。さらに、卵巣が正常に機能しにくくなってしまい、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまうのです。
  • 体温を上げる
    体が冷えてしまうと、女性ホルモンが分泌されにくくなります。ですから、体が温まるように、湯船でしっかり温まるようにしたり、冷たい食べ物や飲み物は口にしないようにすることが大切です。
  • 良質の睡眠を意識する
    不規則な生活習慣をしていたり、睡眠不足になってしまっていると、自律神経が乱れてしまいます。ですから、良質の睡眠をとるようにして、しっかり副交感神経を作用させるようにしましょう。そうすれば、女性ホルモンも分泌されやすくなります。
  • 運動不足にならないようにする
    適度に普段から運動をすることによって、体温を高めやすくすることができますし、自律神経も整いやすくなります。また、ストレス発散もすることができるようになるため、女性ホルモンを増やしやすいというメリットがあるのです。

女性ホルモンの分泌を促す食べ物


大豆製品
大豆というのは大豆イソフラボンという、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じような作用があるとされています。さらに女性ホルモンのバランスを整える作用があるビタミンB6も多く含まれています。
質の高いコレステロールが卵には含まれています。そのため、女性ホルモンの分泌を促しやすくすることができます。卵というのは、この他にも食物繊維やビタミンC以外の栄養素も含まれていますから、毎日食べるようにしたほうがいいでしょう。
キャベツ
キャベツを食べたことによってバストアップをすることができたとテレビで紹介されたことで、キャベツを積極的に食べるようになった女性も増えました。どうして、キャベツを食べてバストアップに成功したのかというと、女性ホルモンの分泌を促すボロンといわれる成分がキャベツには多く含まれているためです。なおボロンは熱に弱いという特性を持っていますから、食べるのであれば生の状態で食べるようにしましょう。
魚介類とバナナ
マグロなどの魚介類やバナナというのは、多くのビタミンB6が含まれており、エストロゲンの原料として使われています。なお、ビタミンB6という成分は水溶性ビタミンですから、水に溶けてしまうという性質があります。ですから、煮るのであれば、煮汁も摂取するようにしましょう。
ナッツ類
ナッツ類であるアボカドやアーモンドなどには、女性ホルモンと近い性質を持っているビタミンEが豊富に含まれています。

恋愛をして女性ホルモンをアップさせる

女性ホルモンが活発に分泌されるようになると、気分も高揚しやすくなります。恋愛をして女性ホルモンが分泌されやすくなると、フェニルエチルアミンとドーパミンという物質が分泌されるようになります。

フェニルエチルアミンは高揚感やポジティブさを与え、ドーパミンは幸福感を感じさせてくれます。そのため、明るく女性としての魅力をアップさせてくれるというわけです。

それに、気分が高揚したり感情も豊かになったら、脳にある視床下部も積極的に活動するようになります。その結果、さらに女性ホルモンが分泌されやすくなり、その結果、肌もきれいになったり女性らしい体つきにしていきやすくすることができるのです。

これが恋愛をすると女性はきれいになるといわれるメカニズムになっているわけです。

しかし、だれかと交際をしていたり結婚をしていても、だんだん慣れてきて恋愛感情が薄れてしまっているということもあるでしょう。このような時は妄想で恋愛をしてみるといいでしょう。妄想で恋愛をしているイメージをすることによって、本当に恋愛をしている時のように女性ホルモンの分泌を促してくれるようになりやすいです。

恋愛をするとどうして綺麗になるの?

女性というのは恋愛をすると綺麗になる人が多いのですが、これには理由があります。

例えば恋愛をすることによって、意中の男性に少しでも好かれようと、化粧にメイクをしたり、ファッションにもこだわるようになります。また、普段の生活が充実したものになり、気分的にも明るくなります。このように、内面的にもきれいになっていくのです。

さらに、医学でも幸福感を感じたり恋愛をしていくと、女性ホルモンの分泌量が増えやすくなることが判明されています。視床下部といわれる部分が女性ホルモンの分泌のコントロールをしているのですが、恋愛をすることによって視床下部が活発になって、女性ホルモンが分泌されやすくなるのです。

だから、女性は恋愛をしたら綺麗になるのです。

女性が恋愛をした場合、4種類のホルモンが活発に分泌されるようになります。

まずフェニルエチルアミンが分泌されます。このフェニルエチルアミンというのは、モチベーションを高め、ポジティブ思考にするホルモンとなっています。さらに消化を促進させる作用もあるため、腹部のふくらみを改善しやすくなります。

次にエストロゲンといわれる女性ホルモンも分泌されていきます。エストロゲンは女性らしい体にするためのホルモンとなっており、バストアップやウェストの引き締めなどをしやすくなります。

3つ目として、オキシトシンという母性を強めるホルモンも分泌されやすくなります。男性から見て魅力的な行動や雰囲気を滲み出させてくれるホルモンとされています。

そして、最後にドーパミンといわれるホルモンも分泌されます。ドーパミンが分泌されると、幸福感を感じるようになったり、感情が豊かになりやすくなります。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。