緊急避妊薬の役目が不十分と思う際は・・・

避妊が不十分だった思う時

この記事を読んでいる方の中には「自分は避妊が出来ている」と思っている人もいるでしょう。しかし、人が行う事なので完全とは言いきれないでしょう。

実際にコンドームを使っても避妊に失敗する事があります。なので、決して慢心しないでください。例えば、コンドームが不良品でゴムが破れている事もあるのです。

また、行為に熱が入ってしまい、コンドームが取れている事に気付かず、そのまま精を吐き出してしまう事もあるのです。そうなると避妊していないのも同然です。

こうした不慮の事故や不注意に陥った場合、たとえ女性の方が安全日と言っても妊娠している確率が高いのです。なので、そのまま放置していけません。

妊娠しているか、それが分かる時まで放っておくと望まない妊娠をする可能性があるのです。なので、少しでも性行為に不安があるなら、その時は「モーニングアフターピル」を使いましょう。

避妊薬である「ピル」は諸外国に比べて日本は出遅れているでしょう。ですが他の国では「モーニングアフターピル」は一般的で知っている人の方が多いのです。

リミットは72時間まで

その「モーニングアフターピル」ですが、これは避妊の失敗や望まない性行為など迅速な対応が望まれる時に使用されている避妊薬で、精子が吐き出された72時間以内に使えば殆ど妊娠しないとされています。

それでも完全ではありませんが、72時間より前に一分、一秒でも早く使えば更に避妊の効果があります。この「モーニングアフターピル」を使う際は医師の指示もあるでしょうが、一般的に一度目に使ってから約12時間後に二度目を使う種類もあるので、使い方はちゃんと調べておきましょう。

妊娠とは卵子と精子が上手く出会えば起こる現象であり、この薬は人為的に精子が卵巣に行っても卵子と出会わない様にするのです。これは女性の体内でホルモンの働きを妨げる事で起こります。こうした作用で妊娠しにくくなるのが「モーニングアフターピル」なのだと理解しておいてください。

この薬の形は「錠剤」になっており、見た目は普通の薬と同じで飲みやすいのですが、デメリットとして吐き気が起こります。しかし自分で希望しない妊娠するよりも、少し吐き気で苦しむ方が良いと考えて使用する方も多いようです。ただ、この吐き気で薬を外に吐き出してしまわない様、気を付けてお飲みください。薬は指定の量を全て体に取り込むことでちゃんと作用するので、くれぐれもお気を付けください。

また、こうした薬が現代は流通しているのは認識しておきましょう。万が一の場合を避けるのに必要な知識として覚えておいてください。

配送状況確認

ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。
※発行から反映まで数日かかる場合があります。

お知らせ

  • 【!!!】謹賀新年【!!!】
    明けましておめでとう御座いますm(__)m
    本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
    スタッフ一同
  • 年末年始の運営に関しまして
    通常通り営業致しておりご注文の受付が可能です。
    配送が立て込む関係で若干の遅れが予想されますのでお早目のご注文をお願い致します。
    銀行振込は各金融機関の営業日通りとなり、ご利用可能なクレジットカードはAMEX、JCBでの決済となります。
  • ※クレジットカード決済に関しまして

    クレジット決済にて、VISAカードが一時的にご利用できなくなっております。
    ※AMEX、JCBカードは通常通りご決済可能です。
    決済エラーになった場合、メールにてご連絡させて頂きます。
    kusuri-c.com からのメールを受信出来るように設定をお願い致します。